“シロゴイノ”でニットを買うなら露天のお店がお薦めです


この日はフランスの団体が来ていたので、外では民芸品を販売していた。

民族衣装をモダンにしたブラウスやテーブルランナー。

籠の実演販売。

同じズラティボル地方のズラクサは、伝統的な食器や土鍋の産地。

ここでも実演販売を行っていた。

林檎やミント、蜂蜜などのラキヤ。

ハーブや食器、ニット製品が揃っているお土産店もある。

そしてシロゴイノ名物の、手編みのニット。

露天の手編み製品のお店


ズラティボル地方の女性はセーターや靴下、ケープなどを編む人が多く編み物組合も設立されている。

木陰に座って女性達が編み物をしている。

現在では “シロゴイノといえば編み物”と認知され、国内外の旅行者からも多く買い求められている。

筆者が購入したストールと靴下とキツキツのレッグウォーマー。(計 約4,000円)

1 2