2019年夏版 "ベオグラード&ノビサド" ガイドブック 販売中です!

ボスニア・ヘルツェゴビナ同行記(1)

3176
朝のベオグラード(ニコラ・テスラ)空港。 寝ている人が多い。

先日、ボスニアの半周を周る(+少しクロアチア)旅へ同行した。

1日目

3179
先ずはモンテネグロへ。 山の頂上には雪が積もっている。
3177
モンテネグロからサラエボ(ボスニア)へ続くのどかな山あいの風景。 モンテネグロは、山・海・川の自然が豊かである。
3152
途中で見学したPiva水力発電所はもの凄い谷間にある。(モンテネグロ)
1日目はモンテネグロからボスニア移動で終了。

2日目

サラエボから北上してTuzla(トゥズラ)へ。
この町は地下に塩が多く堆積していることで有名。
中心地に塩湖があるヨーロッパでは唯一の町とのこと。
3145
夏場はAdaのように海水客で賑わう塩湖。 水はしょっぱかった!
3180
セルビアのスーパーでもよく見るこのパッケージの塩はここTuzlaで採れたもの。

3日目

クロアチアのOsijekへ。
3144
クロアチアのKopački Rit(コパチュキリット自然公園)へ。
3143
約24,000ヘクタールの敷地にはコウノトリや鷲など200種類以上の鳥が保護されていて、船やボートでの観覧ツアーが人気。
この日は曇りだったのが残念。
3153
その後Vukovarの貯水塔へ。
クロアチア紛争時にはセルビア軍より約600発の銃弾が撃ち込まれ、現在もそのまま保存されている。

4日目

クロアチアにあるJasenovac(ヤセノヴァツ)強制収容所跡へ。
3140
ここは第二次世界大戦時下、クロアチア独立国によりセルビア人、ユダヤ人、ジプシーなどが連行されたバルカンのアウシュビッツと呼ばれる絶滅収容所跡だ。
3154
記念碑までの枕木を使った道。
3142
記念碑の周りには各施設の場所が分かるよう土が盛られている。
3138
道中、栗の販売を見付けて立ち寄る。
3137
ドラム缶の中で炒っている。 皮は炒っている間に開くから簡単に剥けるらしい。
3135
一袋辺り、確か4ユーロくらい。
3136
これからはケステン(ピレ)の季節が楽しみである。

 

ボスニア・ヘルツェゴビナ同行記(2)へ