”ベオグラードのガイドブック” 販売中です!

【セルビア旅行の持ち物】必須&便利アイテム11

セルビアと周辺国に滞在する場合に便利な【持ち物リスト10】をご紹介します。

1.チャック付き袋

セルビアを旅行する人は、近隣国を周る人が多いと思います。
増える各国の通貨は袋分けが便利です。
SIMカードアクセサリーなど紛失しやすい物の保管にも適します。

関連:セルビアの通貨・両替方法

2.薬・サプリメント・塩分タブレット

いつも使用する薬一式は必需品です。
気圧の変動や疲れで 頭痛風邪にかかることが多いです。
夏は熱中症予防に塩分タブレット(飴)を持参すると良いでしょう。

偏りがちになる食事の補助として、ビタミンBやC、マグネシウム、プロバイオティクスもあると良いでしょう。

3.クロックス

ホテルのスリッパはあまり使えないか、付いていない場合があります。
外履きやスリッパとして使えるクロックスは、長距離の車移動にも重宝します。

4.エコバッグ

セルビアのレジ袋は有料で、ビニール・紙袋・布製があり、値段は12~150dinほどです。
毎回買うよりエコバッグ持参がお薦めです。

お土産に可愛いセルビアのエコバッグ

5.日焼け止め、帽子、マスク

夏:セルビアでは日傘をさす習慣がありません。
真夏でも帽子を被る人は少ないのですが、日本で気を付けている人は帽子・日焼け止めは必須です。

6.メモ帳

メモ用紙は、「ホテルやレストランの名前をタクシーで」、「長距離バスの行先を窓口で」、「両替時に窓口で金額を」書いて見せると失敗がありません。

旅行中に出会った人の「名前やコンタクト先を書いてもらう」こともよくあります。

関連:【セルビア】長距離バスの乗り方・完璧版

7.蚊避けスプレー/カイロは適量

夏:セルビアでは夏になると、蚊を媒介とする “ウェストナイル熱” が確認されることがあり、川や山へ行く時は【蚊避けスプレー】を推奨しています。
街では不要ですが、草や木の多い場所では使用した方が無難です。

冬:【カイロ】は、寒い山や川に行くときは必須ですが、街中の観光ではそれほど必要ではありません。

8.意外に必要な爪切り

1週間ほどの旅行なら爪切りがあった方が良いです。
旅行中は無意識に手を酷使する&ホテルは乾燥するので、ハンドクリームも1つあると良いです。
セルビアのドラッグストアで選ぶのも楽しいです。

ドラッグストアには日本にない製品が沢山!
ドラッグストアで買うセルビアのお土産【100年売れ続ける石鹸】

9.携帯カトラリー

Image: Amazon

テイクアウトをしてホテルで食べる場合、付属のスプーンやフォークは質が悪くペラペラで殆ど使えません。
ホテルで借りることも出来ますが、日本のコンビニなどで貰うスプーンや割りばしがあると便利です。

【ホテルで食べる】ベオグラード中心地の “テイクアウト” 13選 ~パスタやベーカリーアジア料理など|スタバ、マクドナルドの限定メニューもご紹介

10.通貨換算アプリ

【通貨を瞬時に計算】するアプリはとても便利。
オフラインでも使えます。
お薦めは【Universal Currency (アンドロイド)】、【Currency (iPhone)】です。

11.ガイドブック&地図

ベオグラードのガイドブック』は、空港アクセス、バスの乗り方、観光地・レストラン・お土産店情報、地図、旅のセルビア語、ノビサド情報などなど、当サイトの情報が沢山です。
持ち歩きやすいB5サイズです。

印刷用地図(A4)

旅の前に地図で訪問先を確認しておくと安心です。
地図だけのダウンロード購入もできます。