”ベオグラードのガイドブック” 販売中です!

ベオグラードのバス・トラム|完璧ガイド

1.ベオグラードの交通

① バス

本数・路線が多く、終日運行している。(10~20分間隔)
0時以降は1時間に1本ほど。

② トラム(路面電車)

路線はベオグラード~ニューベオグラード、カレメグダン行きなど。
ベオグラードでは旧式/新式トラムが走行。

③ トロリーバス

中心地へ行く本数が多い。
架線(電線)から送られる電力で走る。
架線から火花が散るのは通常のこと。

2.チケットの種類と価格

バス・トラム・トロリーバス共通で使用可

旅行にお薦めのチケット

価格購入場所乗り換え時間その他
1回分89dinキオスク読み取り機に当ててから
90分以内は乗り換え可
・1,000din分など纏めて購入する(在住者向け)
・90分経ったら再度読み取らせる
(乗り換え毎に読み取らせる必要はない)
1~5日分観光にお薦め!1日(250din)
3日(700din)
5日(1,000din)
キオスク購入時から開始
*乗車直前の購入がおすすめ
・バスやトラムに乗る度にカードを読み取らせる
・午前0~4時は使用不可
運転手から150din車内不可購入したバスのみ運転手が釣りを持ち合わせていない場合が多く
お薦めしません
右スクロール→

3.購入はKIOSKで


バス停付近にあるKIOSK(キオスク)で購入します。

買い方 – セルビア語

【1,000ディナール分】
“Molim vas, kartu za vožnju i dopunu do 1,000dinara.”
“モリンバス、カルトゥ ザ ヴォジュニュ イ ドプヌ ド ヒヤドゥ ディナラ”

【1,3,5日分】観光にお薦め
“Molim vas, kartu za – jedan dan/tri dana/pet dana.”
“モリンバス、カルトゥ ザ – イェダン ダン(1日)/トゥリ ダナ(3日)/ペット ダナ(5日)”

「旅のセルビア語」:ベオグラードのガイドブックにも記載

使えるエリア

● 第1ゾーン内=89ディナール
観光の場合は殆どのエリアが第1ゾーン内です。

(Bus Plus/セルビア語のみ)

4.チケットの使い方


乗車したら車内にある読み取り機にカードを付ける。
90分間の場合、残り時間は画面に一瞬表示されます。

コントローラー


たまに【コントローラー】と呼ばれるチケット・定期券を調べる人達が乗車するので(私服の場合も有り)、カードを提示します。

乗る前にカードを買いましょう!

無賃乗車が発覚すると、罰金など面倒なことになります。
必ず上記の方法でカードを購入ください。

路線マップ

市内の交通経路はこちら (PCのみ)
ベオグラード及びニューベオグラードのバス経路は非常に複雑な上に、工事などで路線変更が頻繁に起こります。
利用の際はホテルの人などに経路を確認してください。

全線に共通すること

  • 時刻表通りには来ない
  • 各駅に停まる (降車ボタンはありません)
  • 降りる時は少し早めに出口近くで立つ (日本のように着いてから席を立つのは遅いです)
  • 乗車は「一番前のドアから」、降りる時は「その他のドアから」。(守っている人は殆ど居ません)
  • 土日(特に日曜)は本数が少なくなる
  • トラムは最終23時頃まで、バスは終日運行(夜中は本数減・ルート変更あり)

日本の国旗が付いているバス?

1999年のNATOによる空爆で被害を受けたセルビアを支援するために、約100台のバスが日本政府から寄贈され現在も現役で走行しています。

知っておきたい日本からセルビアへの援助のこと

小さなバスは?

エクスプレス・バスと呼ばれる私営のバスで、バスとほぼ同じルートを走行、市バスよりも早く着きます。
価格は120ディナール~
乗車の際に現金で運転手に支払います。(バスカードは使えません)

タクシーの乗り方

タクシーを止める時は手を大きく挙げます。

【日本と違う点】

  • 【空車】のメーター表示が無い(近付いてくるまで空車かどうか分からない)
  • 乗降車は自分でドアを開けます

行き先は口頭で伝えるより紙に書いて見せると誤解がありません。

ボッタくりの確率は(私の場合)、5%以下です。

関連:タクシーのボッタくりは起こります