2019年夏版 "ベオグラード&ノビサド" ガイドブック 販売中です!

レトロな列車 “ロマンティカ” で収穫祭と正教結婚式へ in スレムスキ・カルロブチ


[▲ロマンティカ内 食堂車]
1930年代から現在も現役のロマンティカ車両は、毎年9月にスレムスキ・カルロブチで行われる収穫祭へ行くルートを運行している。
1325
ベオグラード鉄道駅

駅の屋根の下に書かれている文字はローマ数字で、
M=1000
D=500
C=100
L=50
X=10
IV=4
つまり、1884年建造ということである。

1327
ベオグラード⇔スレムスキ・カルロブチは約1.5時間、往復料金は1人444ディナール(450円/1等席)
1329
3等車は木!
1330
ユーゴスラビア時代はこれで12時間超の距離を走っていた。
この固い座席で長時間の旅は辛そうだ。
1332
2等車になるとクッション付き。
1333
席と席の間隔が少し狭い。
1331
2等と3等の間にある食堂車。
1334
そして1等車。
1335
1等車は2等と比べると床や壁の質が高級になっている。
1336
この席は頭の横の出っ張った部分が、微妙に邪魔だった。
1337
売り子さんもスタンバイ。
1338
出発前からとりあえず食堂車に入ってみるセルビア人。
1339
そして出発。 ニューベオグラードを通り抜け、北へ向かう。
1344
旅を楽しむご婦人方。
1342
トイレに行った。
1343
「かなり清潔」だと聞いていたが、まぁ年代物なので仕方ない。

フルシュカ・ゴラという丘が見えてくる。 この一帯で葡萄(ワイン)の栽培が行われている。
1347
そしてスレムスキ カルロブチへ到着。 階段が狭い上に急だから気を付けないといけない。