~2019年版~『ベオグラード&ノビサド" ガイドブック』 販売中です!

カレメグダン公園にナゼ恐竜?!セルビアの中世やユーゴスラビアのお土産も!

3031
観光コースのカレメグダン公園・ベオグラード要塞内は、夏になると何故かジュラ・アドベンチャーと銘打った恐竜のフィギュア展が始まる。
3028
この中に実物大のフィギュアが2体あるらしい。
3030
中に入るには入場料(350din)が必要だが、子供連れの親子に人気である。
3029
よく分からない構図の記念撮影。
3027
3026
要塞に入るゲート内では、
3022
“ベオグラード ラッキーコイン”という物が売られている。
15世紀初頭にベオグラードをセルビアの首都と定めたラザル公の時代に、セルビアの国章として定められた模様を復刻したものである。
3023
店頭にあるハンマーを使って自分で模様を打ち付けることも出来る。
かなり強く打たないといけない。 が、お店の人の手が心配で中々 強く打てない。
3024
最後はお店の人がガンガン打ちつけてくれてコインの出来上がり。
これはクロスの四方にCの文字が配されている、セルビアン十字という模様である。
350ディナール。(約360円)
3025
3034
ベオグラード公園の入り口近くには、ハイパーインフレ時代に刷られた紙幣が売られている。
10枚入りで600ディナール(約620円)とのこと。
3019
ニコラテスラ バージョンもある。
3033
コインや、
3035
いつの時代か分らないが大きめの1000ディナール札が10ユーロと、割とお買い得。
お店の人曰く、「これらのお札は軽いしお土産としてユニークだから外国人がたくさん買っていく。」とのこと。