”ベオグラードのガイドブック” 販売中です

【ベオグラード観光】共和国広場~クネズミロシュ通り


共和国広場からクネズミロシュ通り~カレメグダン公園へのルートは、理想的な観光ルートです。

共和国広場とランドマーク


街の中心地「共和国広場」は、周囲にカフェが多く並び、市民が集まる場所です。

広場の歴史


かつてのスタンボル門と当時の処刑の様子

この場所には、オスマン帝国統治下の1700年初旬に建てられたスタンボル門(イスタンブル門)があり、門前で反逆者の公開処刑が行われていました。
スタンボル門は1866年に解体され、セルビアは独立へと躍進しました。
門の解体はセルビアにとって、弾圧からの解放と独立の象徴になりました。

ミハイロ王子の記念碑


セルビア解放に導いた指導者の一人、ミハイロ王子の像は1882年に建てられました。
この像は「ミハイロがコンスタンティノープル(イスタンブル)を指しトルコ人へ去ることを示している」と言われています。
現在は待ち合わせ場所として「馬の場所」と呼ばれています。

ベオグラード国立博物館


ミハイロ王子の記念碑の後ろにある「国立博物館」は1844年に設立されました。
館内には絵画や彫刻、陶器など旧石器時代~20世紀の芸術が展示されています。

(写真:国立博物館)
長い間改装工事が行われていましたが、2018年から再開しています。

ベオグラード国立劇場


道を隔てて右側にある「ベオグラード国立劇場」では、1869年のオープン以降 オペラや演劇、バレエが上演されています。

1999年のNATO空爆の間も、1ディナールで上演を続けたことは語り草となっています。

クネズ ミハイロ通り


「馬の像」と同じミハイロ王子の名前を冠した「クネズ(=王子)ミハイロ通り」は、1kmの遊歩道です。
両サイドにカフェやレストラン、ブランドショップ、書店、展示場、銀行やオフィスビルが並びビジネスマンや観光客で賑わいます。

通りは、ルネサンス建築を始めとする豪華な邸宅や建物が並び歩行者の目を引くでしょう。
これらの建物はスタンボル門の取り壊し後の1800年代後半に建設され、当時の政治・経済的に最も影響力のある富裕層が住んでいました。

1800年後半にルネッサンス様式などで造られた建物

knezamihaila12
knezamihaila10
knezamihaila14
knezamihaila11
セルビア科学芸術アカデミー
previous arrow
next arrow
knezamihaila12
knezamihaila10
knezamihaila14
knezamihaila11
セルビア科学芸術アカデミー
previous arrow
next arrow
クネズミハイロ通りでは美しい建物をぜひご覧ください。

デリィスカ水飲み場


元は兵馬の水飲み場として17世紀に造られましたが 3度の再建と移動を経て、現在はクネズミハイロ通りで人々の水飲み場となっています。

クネズミハイロ通りを過ぎると、カレメグダン公園に到着します。
カレメグダン・ベオグラード要塞【完全ガイド】