”ベオグラードのガイドブック” 販売中です

民族衣装をズラ~っと展示!【セルビア民族衣装博物館】


ベオグラードの中心にある民俗学博物館には、19~20世紀のセルビア及び周辺諸国の民族衣装がズラっと展示されています。

左から、シュマディヤ地方 – 19世紀後半の既婚女性、19世紀後半の男性夏服、婚礼衣装、20世紀の女性の衣装、第一次世界大戦後の男性衣装。(セルビア)

19世紀のベオグラード・サバ川周辺の女性の衣装と同じく19世紀のドナウ川沿いの女性の衣装。

19世紀のティモク地方(セルビア東部)、ザイェチャル(東北部)、20世紀のネゴティン(東北部)地方、19世紀のネゴティン地方。

19世紀レサヴァ(南部)地方、ニシュ(南部)地方、モラヴァ(南部)地方、同じくモラヴァ地方。

19世紀のピロット(南東部)地方、ヴラシナ(南東部)地方、ピロット地方。

19世紀のマケドニア – 男性夏用&女性衣装(婚礼)、メトヒヤ地方の女性の衣装、コソボの男女衣装。

19世紀 コソボの男女衣装。

19世紀のラシュカ(南部)既婚女性衣装、冬用衣装、イバルスキ・コラシン(南部)男性衣装、ラシュカの婚礼衣装。

19世紀のウジツェ(南西部)地方女性衣装、男性用衣装。

19世紀のスタリ・ブラフ地方の既婚女性衣装、同じくスタリ・ブラフ地方の婚礼衣装。

19世紀のモンテネグロ女性、男性衣装。

19世紀後半のモンテネグロ、女性、男性衣装。

まだまだ衣装は続きます。 衣装②へ

1 2