”ベオグラードのガイドブック” 更新しました

【動画解説】バルカン最大の “サバ大聖堂” 完全ガイド(サヴァ大聖堂)

観光時間の目安:~1時間
入場料:無料



サバ大聖堂 建築の歴史


サバ(サヴァ)大聖堂はセルビア正教の聖堂で、サバ(聖人)が奉られています。
建築の歴史は長く、1900年前半セルビア王国時に建築デザイン案が出されましたが、バルカン戦争(一次・二次)や 2つの世界大戦で作業は停滞、1935年に具体的な構想が発表されましたが、宗教を認めないユーゴスラビア政権下で建築は禁止されていました。
1985年に再建築が始まり、2020年10月に正式に奉納されました。
(まだ工事は残っており、最終的な完成は2022年秋を予定しています)

完成後はエレベーターでバルコニーに出ることが出来るようになります。

地図と交通


サバ大聖堂は、共和国広場から徒歩で30分の場所にあります。

交通利用の場合:
1.共和国広場からトロリーバス(29),(31)番でスラビヤ広場まで行き
2.少し離れたトラム乗り場で (9),(10),(14)番のトラムに乗り換えて1駅です

※ トラムの路線や番号は工事などで変更になることが多いので、ホテルなどで確認することをお勧めします。

サバ(サヴァ)聖人とは?


1170年代に誕生、若くして修道士を志しストゥデニツァ修道院で指導者として修道士や教師の教育をするなど学問を普及させた人物。
それまではギリシャ人主教がセルビア教区を指導していましたが、セルビア正教を独立・定着させて初代セルビア大主教となったセルビア正教上最も重要な人物です。
【世界遺産】ソポチャニ修道院 ~ ストゥデニツァ修道院

正面・左右に記載されている祈祷文(日本語も)


聖堂の正面及び左右のドアには、24カ国の言葉で祈祷文が書かれています。

様々なデザインが施された聖堂内部


大聖堂は金を基調としたモザイク画が厳かで豪華な雰囲気です。
使用された金のモザイクは延べ12,000 m2 、タイルは19,000m2に及びます。
壁や床は大理石で出来ており、約半分の床には象眼模様(色や異なった素材をはめ込んだデザイン)が施されています。
11,000人を収容できます。

中央のドーム(キリスト画の頂上から青い窓まで)は4,000トンあり、モザイク画を施したドームを中からリフトで持ち上げるという珍しい工法で設置されました。

中央のシャンデリアはブロンズ製で、直径20メートルと世界最大級です。
各辺にイコンが組み込まれています。

天井や壁には、サバ聖人やキリスト、聖母マリア、聖人のモザイク画が描かれています。

近くで見ると、タイルで出来たモザイク画が分かります。

セルビア正教の特徴


セルビア正教は、東方正教会(ギリシャ正教やロシア正教など)の1つです。
カトリック(西方教会)との違いは、偶像崇拝をしない点やイコノスタスの存在、クリスマス・新年の暦、挙式の違いなどです。

イコン(聖像画)崇拝と十字の描き方


正教会にはキリストや聖母マリアの像はなく、信者は宝座と呼ばれる祭壇に設けられたイコンに祈祷します。

お賽銭(感謝金や寄付の解釈)は、金で縁取られた場所に入れます。

工事中のサバ大聖堂内で祈祷する信者

十字は、3本の指で上下から右→左に描きます。

イコノスタス


正教会には、最も神聖な場所である至聖所と、信者が祈祷する場所を区切る『イコノスタス』(イコノスタシス)と呼ばれる イコンの飾られた壁があるのも特徴です。
通常イコノスタスには3つのドアがあり、聖職者のみ入室が許されています。

古い教会のイコノスタス

クリスマスと新年の暦


セルビア正教のクリスマスは毎年1月7日で、イブの6日の夜から教会で祭事を始めます。

バドゥニャク(オークの木・キリストの誕生と豊作、健康祈願に各家庭に飾る)を教会で燃やします。
正月は1月14日になりますが、日本の元旦のようなお祝いムードはありません。

スラヴァ


スラヴスキ コラチ(スラバのケーキ)

スラヴァとは、セルビア正教徒の各家の守護聖人を称える日で、12月に行われる聖ニコラスの日が最大の式典となります。
スラヴァ前の40日間は断食(ポスト)のため、信者は肉が含まれる食品はとりません。

地下聖堂


地下には広さ1,800m2のホールがあり、サヴァ聖人の財宝や霊廟が奉られています。

イコノスタスの左手から霊廟へ向かいます。

ここには2020年に逝去したイリネイ総主教が埋葬されています。

教会内のお店


教会にはイコンや書籍、香炉、十字(ブレスレット)などを販売するお店があります。

キャンドルを灯す場所と意味


教会のお店で購入した蜜蝋のキャンドルは、聖堂内や外に設置しているろうそく台に灯します。

上の段は生存の人の幸せや健康を、下の段には亡くなった人の冥福を祈ります。
(平行に並んでいる場合もあります)

動画がある記事一覧を見る