2019年夏版 ガイドブック&データ 販売中です!

ドナウ/サバ川周遊クルーズ

487
ベオグラードでは、夏になるとドナウ川-サバ川をボートで周遊するツアーが盛んに行われている。
493
今回はニューベオグラードから出航する”ISTAR”号(約1.5時間)のクルーズに出掛けてみた。
494
収容人数40名ほどの船内は、周りにベンチが備え付けられていてガラス窓部分が多く開放的である。
495
船内では軽い飲み物やスナックも用意されている。
496
ツアーは18時から1.5時間の周遊コースで400ディナール(約450円)、その他にもランチやディナークルーズも用意されている。
497
ニューベオグラードのゼムン(地域)を左手に見ながら出航。
498
オーストリア=ハンガリー帝国時代の領土を示す杭。(黄色や青色のもの)
この地点がオーストリア=ハンガリー帝国時代の最東端であった。
499
対岸には小さなサマーハウスが並ぶ。
488
ドナウ川を下って行く。 ドナウ川の水は濁った濃い緑(写真では茶色く見えるが)だが・・
489
カレメグダン(要塞)付近のサバ川との交流地点に来ると、川の色の違いがくっきりと分かれている。
490
交流地点。
川の水という同じ物質でもすぐには交わることは無い(下流で合流するが)。
「オレ達だってこうなんだから、オマエも違う人種に無理して迎合しなくても良いんだぞ。」というメッセージをしかと受け取った。
491
サバ川に入ったところ。水平線も2つの川の違いが顕著だ。
502
ベオグラードのカレメグダン。
503
カフェ・クエスチョンマーク前のサヴォルナ教会。 停泊しているのはオーストリアの客船。
500
ニューベオグラード側にある、第2次世界大戦時の犠牲者を奉る記念碑。
501
こちらは水上警察。

ベオグラードとニューベオグラードを繋ぐ橋は現在5本(+建設中 1本)あり、このクルーズでは5本の橋の下を通る。

504
クルージング中は冷たくて強い風が吹く。夏でも冷えるので出掛ける時はジャケットなど暖かい格好をした方が良い。
日中は川の照り返しで日焼けするので要注意。
505