”ベオグラードのガイドブック” 更新しました

【動画解説】セルビア伝統料理はここへ! スカダルリヤ通り~お勧めレストラン記載

観光時間の目安:1~2時間



芸術家に愛されたスカダルリヤ


ベオグラードの中心にあるスカダルリヤ通りは、20世紀前半に舞台俳優や詩人・画家・作家などの芸術家が多く集まった場所です。

400mほどの石畳の坂道には 100年以上続くカフェやレストランが多数あり、ベオグラードの観光名所の一つとなっています。

スカダルリヤを愛した詩人、ジュラ・ヤクシッチの銅像。
詩人の他に、画家や作家しても多才な活躍をしました。

スカダルリヤでお薦めのレストランとベーカリー

スカダルリヤの代表的な老舗レストラン2軒と、60年続くオリジナルメニューのベーカリーをご紹介します。

1. Dva Jelena (ドヴァ・イェレナ)


“2匹の鹿”という意味のドヴァ イェレナは、クラシックな雰囲気の広い店内が人気。
夏になると通りにテラスが設けられ、とても賑わいます。
週末や夜は予約が必要になります。
【動画】地元の人が通う老舗レストラン “Dva Jelena”

2. Tri Šešira (トゥリ・シェシラ)


“3つの帽子”という意味のトゥリ・シェシラは、夜になるとジプシーのライブ演奏があるレストラン。
【動画あり】ジプシー音楽&セルビア料理 “Tri šešira”
どちらもセルビア人にも人気の老舗レストランです。

レストランの混雑する時間:
・ 昼は14時から15時辺り
・ 夜は19時から終わりまで

3. ベーカリー“スパサ”


スカダルリヤ坂の途中にあるスパサ(=店主の名)は老舗のベーカリーとして地元の人に人気です。

ここではスパサ名物の「グラシュ」がおススメです。

「グラシュ」とはビーフ(or ポーク)シチューです。

くり抜いたパンにグラシュとクリームが入って、お腹一杯になります。
ランチとしてぜひお店でどうぞ。

その他、セルビアのお菓子 “バニリツァ”や、
セルビアの伝統菓子 「ヴァニリツァ」 Vanilica & Company

ストゥリヤシュ(ミルク粥)など、カフェとしても利用できます。
甘いお米のデザート【ストゥリヤシュ】 “Rice Kings”

珍しい?セルビアのお土産 “トリュフ”


あまり知られていませんが、セルビアの各地にはトリュフが生息しています。
国産トリュフを集めたお店 “Damar”では、

トリュフをオイルやビネガーに漬けたもの、

アイバルと混ぜたもの、

トリュフ・チョコレートなどお土産に喜ばれる商品が揃います。

夜のスカダルリヤはロマンチック


夜にはライトアップされ、レストランに来る人が更に増えます。

通りではラキヤを試すことも出来ます。1杯200ディナール~。

プラムやアプリコット、マルメロ、洋梨などのセルビアの代表的なラキヤや、蜂蜜、ラズベリー、ブラックベリーなどの甘いラキヤもテイスティング感覚で試すことができます。
気に入ったものはお土産にどうぞ。

【動画】セルビアのお土産「ラキヤ専門店」 (Rakija Shop)

動画がある記事一覧を見る