2019年夏版 "ベオグラード&ノビサド" ガイドブック 販売中です!

“聖ジョルジェ教会”と地元料理で大満足のトポラ(1)

2081
アランジェロバツの街へ移動する。
ここはミネラルウォーターの“クネズ・ミロシュ”の産地として有名である。

セルビアのミネラルウォーター

2080
民族料理レストランの“Divljakovac”。
街見下ろす民族風レストランは、店内、店外共に地元の人や旅行者で既に一杯。
2087
レストラン内。
2088
『カラジョルジェヴァ・シュニツラ』(ハムとハードチーズを豚肉で巻いて揚げたもの)は、大柄でパワフルだったカラジョルジェに因んだメニュー。

このメニューの考案者:

チトー元大統領の料理人 ミロヴァン氏のレストラン – “Mićina Domaća Kuhinja”

2089
チーズやパイのオードブル。
2090
仔牛肉とカイマク(バターのように油分の多い乳製品)のソース。
2091
ポークとプラムのソース。
2093
いつもながら、かなりのボリュームである。
2085
この店はレストランの他に、4つの民族風のキャビンがあり、
2086
2~4名で宿泊も出来る。 (1泊:1,500ディナール/1人~)