627
夏場は海の代わりに遊泳や日焼けをする人達で賑わうAda。(ベオグラード内)
今年の2月の「雪の日にあえてAdaに行ってみる」と比べながら見て頂きたい。
626
歩道は整備されていて、ビーチ部分は5cmほどの石が人工的に敷き詰められている。
617
Ada西側にある水上スキーの1時間コース/1,350ディナール(1,500円 スキー板・講習込み)に挑戦してみた。
618
初心者には20分の講習があり、板の履き方~転倒時の泳ぎ方など教わる。
619
コースは全長約1kmの周遊コースで、上方から取り付けられたハンドルに引っ張られて滑る仕組み。

621
上手く行けばこんな風にカッコ良く滑れるはず・・・。
620
・・が、スタートから10mで転倒した上に水着が脱げそうになってコンタクトも取れた。
泣きそうだった。
622
その後 何とか進むようになったが、カーブが曲がり切れずスタート地点から一番遠い所で転倒~泳いで帰って来ることを繰り返し、Adaに着いて早々1kmも泳いだ。
623
水上スキー(ていうか水泳)を終えた後はヌーディストビーチへ。
624
ジェットスキーの場所から対岸に開放されているヌーディストビーチ(エリア)は10年前に開設。
オープン当初は冷やかす人も多かったが、最近は愛好者も増えビーチも拡張されている。
625
ノビサドからやって来た夫妻。
食べ物と飲み物持参で、終日ここで日焼けしたり泳いだりして過ごすという。
ヌーディストビーチ利用者をざっと数えたところ約200人、平均年齢50歳以上、男性が多い。
このビーチは歩行者からも見える場所にあるが、想像していたセクシーな感じは全くなかった。
感覚としては混浴みたいなものか。
628
隣の水着着用エリアでひと泳ぎ後、木陰で寝そべると石が(ゴツゴツ当たって痛いが)温かくてとても気持ち良かった。
629
のどかだ。。これなら来年はヌーディストデビューもアリかな・・など思ってみる。
隣からフランス語が聞こえてくるので見てみたら、若い女性2人がトップレスで寝ていた。
フランス人はトップレスがデフォなのか。
616
それにしてもセルビア人は日焼けが好きだ。美白など無縁らしい。
631
次は場所を移動して東へと向かう。
——> 「ダイビング~ライフセーバー in Ada」へ。