ベオグラード観光

ヌーディスト★マッチョライフガードも居る “Ada(アダ)” で、ウォータースポーツ三昧


ベオグラードにあるAda Ciganlija(アダ・チガンリヤ)は一般にアダと呼ばれ、中州状の湖は海の無いセルビアで海水浴場の代わりになっている。
Adaとはセルビア語で「(小さな)川島」を意味する。

一周すると7kmもあるので、夏場は電動車を利用すると良い。
626
歩道は整備されていて、ビーチ部分は5cmほどの石が人工的に敷き詰められている。
627
ビーチでは遊泳や日焼けをする人達で賑わう。
617
西側にある水上スキーの1時間コース/1,350ディナール(1,500円 スキー板・講習込み)に挑戦してみた。
618
初心者には20分の講習があり、板の履き方~転倒時の泳ぎ方など教わる。
コースは全長約1kmの周遊コースで、上方から取り付けられたハンドルに引っ張られて滑る仕組み。

621
上手く行けばこんな風にカッコ良く滑れるはず・・・。
620
・・が、スタートから10mで転倒。 難しい。。
623
水上スキーの後はヌーディストビーチへ。
624
ジェットスキーの場所から対岸に開放されているヌーディストビーチ(エリア)は10年前に開設。
オープン当初は冷やかす人も多かったが、最近は愛好者も増えビーチも拡張されている。
625
ノビサドからやって来たご夫妻は、食べ物と飲み物持参で終日 日焼けしたり泳いだりして過ごすという。
ヌーディストビーチ利用者をざっと数えたところ約200人、平均年齢約50歳、男性が多い。
このビーチは歩行者からも見える場所にあるが、想像していたセクシーな感じは全くなかった。
感覚としては混浴みたいなものか。
616
こちらは普通のビーチ。 セルビア人は日焼けが好きだ。美白など無縁らしい。
631
次は東へと向かう。
632
Ada東側では、深さ3mのプールでスキューバダイビングをしていた。
633
練習中の女の子をプールサイドから見つめるロマ(ジプシー)の少年。
638
プールの横にある武道パークでは、体操教室が行われていた。
639
この日の気温は35度、ウォーターボールの中は相当暑そうだ。
637
柔道で鍛えた体が自慢のライフガードの男性。 マッチョな体格はセルビア女子に人気。
635
電動バスは15分間毎に発車。
641
ビーチの裏側にはバーベキューなど出来る広場もあり、自然を満喫することが出来る。
642
自転車専用レーンではサイクリングや、
643
ローラーブレードなど楽しむ人も多い。
644
夕方になると人々は一斉に帰路につく。
Adaへは沢山の市バスが出ており、夏場にはAda行き専用バスも走っているのでアクセスは便利である。

↓ 冬のアダで日本史通のロードレーサーに出会う

ページ:

1

2

関連記事

  1. ユーゴスラビア時代を懐かしむ “ユーゴスラビア博物館とチトーのお…
  2. 動物と人間の距離が近い、というか触れる “ベオグラード動物園” …
  3. セルビア土産が集まる “ナイトマーケット”は年末開催予定です
  4. 民族衣装をズラ~っと展示!セルビア民族衣装博物館
  5. ドナウ/サバ川周遊クルーズ
  6. ドナウ川沿いの旧市街 “ゼムン” は、上から撮っても下から撮って…
  7. カレメグダン公園にナゼ恐竜?!セルビアの中世やユーゴスラビアのお…
  8. “アンダーグランドツアー” は名前とは裏腹に真面目な歴史探求ツア…

新着記事

PAGE TOP