お洒落なビーガンレストラン “Radost Fina Kuhinjica”


ベオグラードの中心、カレメグダン公園近くのアパートにある”Radost Fina Kuhinjica”は、最近セルビアでも注目されつつあるビーガンレストラン。

ビーガンとは、絶対菜食主義者・純粋菜食主義者のことである。
ベジタリアン(菜食主義者)と混同される事が多いが、卵や乳製品を食べるのに対し、ビーガンは、それらも一切口にしない。
ビーガンとは


外に看板らしきものは無い、隠れ家的なレストランである。

落ち着いた雰囲気のこぢんまりとした店内。
写真の奥2席は禁煙、その他の3席は喫煙席になる。

テーブルに無造作に置かれた本。

実はこの本がメニューになっている。

ビーガンバーガーや、ラドスト ラーメン、日替わりメニューなど、価格は700ディナール前後。

アーモンド、くるみとホワイトソースのラザニア。
670ディナール(約720円)

量も多く男性にも人気。

ビーガンバーガーは740ディナール。(約790円)

ビーツとレッドキドニー(豆)、椎茸とフムスのハンバーグをそば粉のパンケーキで挟んでいる。
サイズは小さいが、ランチとしてのボリュームは充分。

ジンジャーティーを注文。
本当に生姜を切ったもの(とミント)だけだった。(笑)

ナッツがたっぷりの”アーモンドとオレンジのケーキ”で満腹に。

「セルビア人は量の多いグリル料理を好むので(あまり来ず)、このお店は外国人のお客さんが多いです。」とお店の人は話す。
平日の開店2時間後には満席になっていた。

えんじ色のドアから入ります。