セルビア料理の説明【ファストフード】


セルビアの若い人(男子)には、ファストフード店のピェスカビツァと呼ばれるバーガーが人気です。
パンやソムンと呼ばれるポケットブレッドにバーガーが挟まれていて、とてもボリュームがあります。
ケチャップや野菜、スパイスなどを中に挟むことが出来るので(無料)店で指でさして伝えましょう。


Pljeskavica (velika/mala) – ピェスカビツァ (大/小)

一番スタンダードなバーガーで、大は200g、小は100gあります。
小サイズでも、ボリュームはマッ●バーガーの2倍ほど。
男性なら「大」サイズを!

Gurmanska pljeskavica – グルマンスカ ピェスカビツァ

ベーコンやチーズが入った生地でカリッとした食感で美味しい。
グルマンスカは「グルメの意味」です。

Kobasica – コバシツァ

スパイシーなソーセージを挟んだもので、やや辛いのが特徴。

Pileći batak – ピレチ バタク

鶏もも肉のグリルをパンに挟んでいます。
写真はキャベツをトッピング。

Cevap/Rolovani čevap – チェヴァプ/ロロヴァニ チェヴァプ

ソーセージ状の挽肉のグリル(ピェスカビツァと同じ生地)/ロロヴァニ~は、それをベーコンで巻いたもの(写真)

Punjena vešalica – プニェニャ べシャリツァ

薄切りポークにチーズ、ハムを挟んで焼いたもの。
淡白な味だけどボリュームがあります。