【2018年版】セルビア観光の基本情報 (1-3) 治安・ボッタクリなど 気を付けること

日本とセルビアの時差

● サマータイム時(3月中旬~10月中旬) 日本より -7時間
● その他(10月中旬~3月中旬) 日本より -8時間

ビザ

日本国籍の方は、90日以内の滞在の場合ビザは不要です。

両替 (MENJAČNICA)


セルビアの通貨はセルビア・ディナールです。
セルビア国内では、ユーロ⇔ディナールの換金が一般的です。
(日本円⇔ディナールの両替はほぼ不可)
両替は、空港/街の両替所/銀行/郵便局などがありますが、『街の両替所』のレートが一番お得です。
『街の両替所』は “EXCHANGE”、若しくは “MENJAČNICA” (メニャチュニツァ=両替所の意味)と書かれた小さな窓口で、通りやビルの中、地下などに店舗があります。
郵便局や銀行はレートが悪い割に待たされるのでお勧めしません。
タクシーやバスの支払いが必要な場合は、ニコラテスラ空港でも幾らか両替をしておくと良いでしょう。

両替まとめ

セルビアの通貨 セルビア ディナール(100ディナール=108円  -2018年6月) ※ 日本とほぼ同じと覚える
両替可能な通貨 ユーロが一番便利(英国ポンド、USドルなども可能) ※日本円は不可
両替場所 街の両替所や空港 (MENJAČNICA=両替所の意味)
注意事項 セルビアを出国する時は、ディナールからユーロに戻すこともお忘れなく。
(MENJAČNICAで出来ます。紙幣のみ。) ※日本の銀行ではディナールの取り扱いはしていません。

クレジットカードでディナールを引き出す


街には銀行のキャッシュディスペンサーが多く設置されていて、海外対応のクレジットカード(VISAやMASTERなど)でディナールのキャッシングをすることが出来ます。多くの機械は –

  1. クレジットカードを入れ暗証番号を入力
  2. 英語かセルビア語選択
  3. 引き出し(withdrawal)か残高照会など選択
  4. クレジット口座か預金口座の選択
  5. 引き出し金額(10000, 8000, 5000, 2000ディナールなどから選択若しくは入力)

という手順で引き出すことが出来ます。
筆者もたまにカードで引き出すことがあります。[円→ユーロ→ディナール]の手間と手数料と比べたら一番簡単だと思います。

チップについて

レストランやカフェでのサービスに満足したらチップを残してあげると良いでしょう。
目安は以下の通りです。

● カフェでコーヒー1杯(120ディナール)の場合 20ディナールほど
● レストランでの会計が5000ディナールの場合 200~500ディナールほど
    【支払い方】

  1. 清算の際に端数込みで支払う(例えば 950ディナールの場合、ウェイターに「1000ディナールで」と告げる)
  2. 清算後にテーブルに置いて店を出る

ボッタクリについて

筆者自身は店や市場、レストランで地元の人より高い金額を請求されたことは無く、他の人からも被害に遭った話しは聞いたことが無いので、特に心配する必要は無いでしょう。
但しタクシーのボッタクリは頻繁に起っているようです。

空港から市内へのアクセス

入国後のタクシーやバスの乗り方、出国時のチェックインカウンターや出国管理所の場所はこちらに記載しています。

【2018年版】入国~ニコラ・テスラ空港から市内へ

2011.10.15

【2017年版】出国 ~ ニコラ・テスラ空港にて

2011.10.15