タラ国立公園で紅葉ハイキング

ベオグラード在住のSaraさんのレポートです。
セルビアでは気持ちいい秋日和の日々が続いております。
以前から行ってみたかったタラ国立公園と有名なドリナ川に建つ家を見に週末出かけました。

バスでベオグラードからセルビア西部のウジツェへ。
金曜夜は渋滞がひどく、真夜中近くに到着しました。。
今回はツアーも組んでいる Eco Hostel Republik に宿泊しました。
おそらくツアーだけでも申し込めると思います。

写真 :Hostelling International  (https://www.republik.rs/

今回は30ユーロでタラ国立公園等をめぐるツアーに参加しました。
各地の見どころが点在しているので、レンタカーかツアーを申し込むのが良さそうです。

車を走らせて早々、のどかな街並みが広がり癒されます。

まずはKadinjacaのモニュメントへ。

ウジツェとバジナバスタの間にある丘の上に建っているこのモニュメントは第二次世界大戦時にドイツ軍との戦いで犠牲になったウジツェの市民を讃えています。1979年に完成されました。

綺麗に整備されています。

丘からの眺めも美しいです。

ずっと付いてきたワンちゃん。フレンドリーな野良犬が多いですね。

バジナバスタへ向かい、ドリナ川に建つ家へ。

川にポツンと建つ家はなんともアイコニックであり、写真で見て以来訪れてみたい場所でした。
ナショナルジオグラフィックに搭載されてから、国内外で一躍有名になったそうです。
1968に建てられた家は、川の流れにより、何度も流されては立て直されてみたいです。
毎年夏はこのドリナ川でボートに乗るイベントがあるそうです。

お次は12世紀末に建てられたRaca 修道院へ。
山中にひっそり佇むこちらの修道院は貴重なセルビア正教の写本を所蔵しています。

ブドウ?の蔦に覆われていました。

修道院が所有する山道を進んでいくと、綺麗な紅葉が続いておりました。

紅葉真っ盛り。

水が澄んでいて、湧き水は飲めます。

タラ国立公園へ。
今回はいくつかあるビューポイントの、一番簡単にアクセスできるCrnjeskovo viewpointへ。

国立公園内が一番紅葉が綺麗でした。


素晴らしい眺めです。

お昼はガイドさんおすすめのレストランへ。
地元では有名だそう。豚肉の煮込みがとってもおいしかったです。

タラ国立公園はキャンプ場や、トレイルがたくさん有り、セルビアの自然の美しさを実感できるところです。
春から秋にかけてぜひ訪れて欲しい場所です。

【この記事を書いた人】
Sara
ベオグラード在住。
アジア地域に留学及び就労後、セルビアにて1年ほど滞在予定。
ローカル旅を好み、バルカン半島の魅力を発掘中。