2019年夏版 ガイドブック&データ 販売中です!

統計いろいろ vol.4 政治・政党及び大統領の給料など

現在セルビアで活動している政党は、[民主党][ハンガリー連立党][自由民主党][社会・退職・ユニーク セルビア(3党による連立)党][セルビア民主・新セルビア党][急進党]の6党で、民主党を中心とする青字の4党が与党、赤字の2党が野党である。

セルビアは大統領制で選出は5年に1度行われる。
まず各党からの候補者の中から国民投票で2人に絞られ、その後3ヶ月の選挙活動を経て、大統領選挙で最終決定となる。

2008年に選出された大統領のボリス・タディッチ氏。(民主党)2期目である。
ジョニーデップを迎えて
ご満悦のタディッチ大統領はサラエボ生まれの52歳。
学生時代は水球選手として活躍、ベオグラード大学では心理学を専攻。 在学中に「学生運動により逮捕された学生の釈放要求」なるものを研究中に身柄を拘束され、1ヶ月刑務所に拘留されるという経験を持つ。
ジャーナリスト、軍の臨床心理学者、心理学講師などを勤めた後、90年代に民主党員となり、2000年に党首に選出される。
2000年に郵政大臣、2003年に防衛大臣に就任、就任中の2004年に大統領に選出された。

気になる大統領の報酬は、143,000din (160,000円・1ヶ月)ほど。
命を狙われかねない要職の立場で160,000円とは全く割りに合わない気がするが、タディッチ大統領は「家族を養うには充分な額。満足している。」とのこと。

日本では国会議員の資産公開が義務付けられているが、セルビアでも議員の給料・財産+乗っている車の車種まで公開されている。
例えば以下の3議員は・・

1. ドラガン・マルコビッチ氏 (ユニーク セルビア党・党首、ヤゴディナ市・市長兼任)
議員報酬: 30,000din (33,000円)
市長給与: 94,500din (101,700円)
不動産: 550m2 + 別宅 180m2
土地: 3.9ヘクタール
預金: 有り

2. ナダ・コルンジヤ女史 (民主党・主任)
議員報酬: 115,000din (123,700円)
別荘: 900m2
ロフト: 33m2
預金: 無し

国会議員は一般企業の顧問や教員などを兼任することが認められている(今後は廃止の方向)ので、他からの報酬を含めると1.5~2倍になる見込み。

一方、議員なんかにならなくても資産運用だけで暮らせるのに政治家(それも日給1500円程度)になった献身的なアレクサンドル・ブラホビッチ氏 (民主党)にも注目したい。

議員報酬: 30,344din (32,700円)
マンション: 160m2 / 163m2 /40m2 / 54m2 / 40.31m2  / 43m2 / 31.18m2
車: プジョー306
預金: 有り
株 : EKI(不動産・投資会社)株40%(100,000ユーロ) / アグロバンカ(国内の銀行)110株(1,15,746ディナール) …その他、大手企業や銀行株合わせて合計約2千万円保有。

国民からは、(官僚や国会議員に対して)「給料の割には働かない」という意見が多いのは日本と同じである。

記事参照: blic