セルビアのビール 2010


現在セルビアで販売されている主な国産ビールは、Apatinska醸造所製の “Jelen Pivo”(イェレン(=鹿) ピボ)と”LAV”(ラヴ=ライオンの意味)(*1)の2メーカー。

※ LAVはカールスバーグ傘下(外国企業によるセルビア企業の買収は多い)なので、純国産ブランドはJelen Pivoのみである。
セルビアのビール
左から、LAV (アルコール度 7%) ペールラガー、LAV(5%) ペールラガー、Jelen (5%)ラガー。
セルビアでは一般的にラガータイプが好まれる。

毎年8月には、カレメグダンでビアーフェスティバルが開催され、イベントやコンサートが行われる。

2010年からは、Bip(左・国内メーカー)もビアーフェスティバル・モデルで生産復活。
またJelen(右)は、ノンアルコール(Cool)を発表。

下記はセルビアのサッカークラブ、レッドスターとパルチザンのデザイン。

2010年よりLAVは黒ビールも発売。

Bip社は、Kvasも生産している。
Kvasとは、黒や白ライ麦をビールと同じ工程で発酵させたノンアルコール飲料で、黒糖のジュースのような甘くてコクのある炭酸飲料だ。

ビールは日本よりもかなり安くレストランで頼んでも200円程度。
夏場には是非試して頂きたい。