2019年夏版 ガイドブック&データ 販売中です!

プーチン登場にも、いつも通りに歓迎するレッドスターファン達


3月23日、プーチン首相がベオグラードを訪れた。

422
10時間という短い滞在であったが、各会議やニューベオグラードで行われた式典やサバ大聖堂訪問、セルビアのバイクチームとの会合やサッカー観戦(レッドスター(セ)vs.ゼニット(露))と多忙なスケジュールをこなした。
421
首相の警護チームは1ヶ月前よりセルビア入りして視察を開始、この日もビルの上にはスナイパーが待機するほどの厳戒体勢、当然スタジアムので所持品検査も厳重に行われた。

ところがどうしても自己流に歓迎したかったレッドスターファンは、何処から持ち込んだのか いつもの発炎筒や爆竹で歓迎の意を表してしまった。

爆音(0:51)につい条件反射してしまうあたりは、さすが元KGB。