タディッチ大統領の来日と大統領専用車のお値段


3月7日から来日したセルビア大統領タディッチ氏。
来日の主な目的は日本からのODA。(2億4,300万ユーロの実施が決定)

菅直人首相は8日、首相官邸でセルビアのタディッチ大統領と会談し、セルビアを含む西バルカンの平和と安定を強化するための共同声明に署名した。日本政府 はセルビアが建設する火力発電所の排煙脱硫装置に円借款を供与すると表明。セルビアは2015年の国連安全保障理事会非常任理事国選挙で、日本を支持する考えを示した。

その他セルビア人の入国ビザの撤廃要請など重要課題があるも前原(前)外相は3日前に辞任したばかり、側近の問題発言などで党自体の存続も危ぶまれるこの時期の訪問はタイミングとしては最悪な時期である。
また9日の天皇陛下との会食時には宮城を震源とする地震も起こった。セルビアでは地震は殆ど起こらないので大統領もさぞ驚いたらしく、後に記者に「陛下や皇太子を始め、日本人は皆平然と食事を続けていたよ。」と語った。滞在最後の10日は、企業見学やお決まりの京都観光コースで締めくくる。

 

同日付の新聞には、大統領専用車がイギリスや周辺諸国よりちょっぴり高めであることが紹介された。
昨年オーダーされた専用車は全ガラス防弾は勿論、爆弾も通さず殺害予告までされる大統領ならではのセレブ仕様となっている。