【ベオグラード観光まとめ】 マストスポット 10選

ここでは観光ガイドで必ずご案内する “マストスポット 10カ所” をご紹介します。

1. ベオグラードのランドマーク「共和国広場」


周りにはカフェが立ち並び、コンサートや展示が行われる共和国広場。
オスマン帝国時代には抵抗するセルビア人をこの場所で処刑したという悲惨な歴史がある広場です。
第3代セルビア君主・ミハイロ候(オスマン帝国から統治権を受領)の銅像前で記念写真をお忘れなく。

2. ショッピング通り「クネズミハイロ通り」


共和国広場からカレメグダン公園へ続く1kmの遊歩道。
西ヨーロッパを彷彿させる建築物は19世紀中旬から富裕層により建築されました。
ユーゴスラビア時代から中心地として買い物客が訪れる場所です。

3. ドナウ川を見下ろす「カレメグダン公園~ベオグラード要塞」


カレメグダン公園に入ると道の両側に並んだ土産店が目に入ります。

奥へ進むと世界大戦時に使用された戦車やミサイルが展示されています。
城壁へ行くとサバ川とドナウ川の交差点が見下ろせるポイントがあり、ここも写真スポットの一つです。
カレメグダン公園にナゼ恐竜?!セルビアの中世やユーゴスラビアのお土産も!

4. 東方正教最大級「サバ大聖堂」


学問の普及に貢献したサバ(後の聖人)を讃えるために100年近く前に建築が開始されました。
しかし世界大戦やチトー政権下(宗教の廃止)で完成が遅れ、現在も内装工事が行われています。

5. ベオグラードの台所「ゼレニベナツ市場」


季節のフルーツ・野菜が並ぶベオグラードの台所、ゼレニベナツ青果市場もぜひ訪ねてみましょう。商品は量り売り、農家の直売も多いです。
訪問は8:00~14:00が最適です。

6. 貿易倉庫をレストランに「ベトン ハラ」


ベトンハラ(=コンクリートホール)は、サバ川沿いにある倉庫を改造したレストランエリアです。
和風料理店やイタリア、フランスレストランなど、晴れた日はテラスに座って日本では味わえない贅沢な時間をお過ごしください。

7. セルビア政府の中枢 「国会議事堂」


トルコ帝国時代はアヤソフィアに継ぐモスクがあった場所で、オーストリアハンガリー帝国からの攻撃の的にもなりました。
現在の建物は1936年に完成、入口にはユーゴスラビアの彫刻師が作った馬の像があります。
道の反対には、大統領執務室及びベオグラード市役所が控えています。

8. 空爆から20年佇む「空爆跡ビル」


正式名はGeneralstab(ゲネラルシュタブ)。元は軍司令本部です。
1999年にNATOの空爆を受けて崩壊、以降 20年余放置されてきましたが、現在は解体や改装が行われつつあります。

9. 食事に迷ったら「スカダルリヤ」へ!


石畳が美しいスカダルリヤは、ユーゴスラビア時代の詩人や舞台俳優達がボヘミアンライフ(自由を追求する生活)を謳歌した場所です。現在もレストラン街として地元や観光客で賑わいます。
ボヘミアンの愛した石畳のレストラン通り ~ スカダルリヤ通り

10. オーストリア・ハンガリー帝国の名残り「ゼムン」


ベオグラードとは一線を画す街並みのゼムン区は、オーストリア・ハンガリー帝国支配時の風景を今も残す町です。
ドナウ川沿いは散歩ルートになっていて近くに並ぶレストランやカフェで一服する人も多いです。
ドナウ川沿いの旧市街 “ゼムン” は、上から撮っても下から撮っても “絶好の撮影スポット”


セルビア旅行の最新情報を記載した
【ベオグラードのガイドブック】
価格は600円から!


購入はこちらから