2019年夏版 ガイドブック&データ 販売中です!

ぶどうの収穫祭 with ワイン娘


ベオグラードから250km南にあるアレクサンドゥロバァツで、第47回 ジュプスカ(*)収穫祭が行われた。
(*)
župska = “župa地方の” という意味

このイベントには毎年、国内外から50万人の観光客が訪れる。
今年のワイン娘に選ばれたブランキツァさんが、伝統衣装に身を包み「葡萄踏み」を行う。
葡萄が入った樽には昔から女性のみが入ることが出来る。
またこの葡萄踏みは、50~100年ほど前に行われていた伝統的な結婚の儀式でもある。
当時の結婚は、秋の収穫が終わって一段落した時期に集中したという。
収穫祭は4日間行われ、地元の音楽演奏やイベントなどが催される。

祭りの最終日には、広場の噴水の水をワインに入れ替えてお客に振舞われる。
毎年これを楽しみに朝早くから並んでいる人もいるとのことだ。

župa産のワインは、ベオグラードのスーパーでも売られている。
写真は、”as black”。 マイルドな赤ワインで、説明書によるとハムやロースとミート、チーズを使った料理によく合うとのことだ。
飲んでみると少し甘くて飲みやすい。ついつい飲み過ぎてしまった。  0.75l 215din(235円)