新型コロナウイルス・セルビアの状況(4月4日)

*セルビアの状況は非常に変わりやすく、勧告は2~3週間で解除、若しくは警戒レベルが高くなる可能性があります。(当サイトではリアルタイム更新はしていません)
生活ブログはこちらで更新中です。


2020年4月4日
4日午後1時から6日(月)午前5時まで外出禁止


ベオグラード中心地の “習兄弟、ありがとう” と書かれた広告。中国から届いた医療物資及び医療スタッフへの感謝を示す。(写真: Nova srpska politicka misao)

セルビア政府は本日午後1時から月曜午前5時までの外出を禁止と発表。
高齢者の買い物は本日(土曜)の午前4~6時に変更、一カ所に2人以上で居ることも禁止となった。ただし「犬の散歩は午後11時から午前1時まで、自宅から200m以内」と付け加えられた。

2020年3月30日
志村けんさんの訃報がセルビアでも報じられる

記事より:
日本の有名なコメディアン・志村けんが本日70歳で新コロナウイルス感染による肺炎で亡くなりました。
発熱のため20日に東京の病院に入院、重症肺炎と診断され翌日に人工呼吸器治療を受けたが、意識を取り戻すことはなかった。
志村けんは1966年のビートルズ来日時に余興として演奏したザドリフターズの元メンバーでした。 テレビ番組「8時だョ!全員集合」に出演して有名になり、延期となった東京オリンピックでは聖火リレーのランナーを務める予定でした。

Blic (https://www.blic.rs/vesti/svet/japanski-komicar-ken-simura-preminuo-od-korona-virusa/q0zpf7v)

2020年3月29日
感染者隔離施設(軽度)が開設


中国に倣い、感染が疑わしい人の早期発見、診断、治療・隔離するための施設が完成。本日から軽度の感染者を収容する。

2020年3月28日
土日の外出時間が時短に


3月28日(土)、ベオグラードのアダを散歩したりサイクリングをする人達

同日ノビサドで川辺を散歩する人達(写真:Blic)

この日、自粛勧告にも関わらず公園や川辺で散歩、サイクリング、バーベキューなどをする人が多いことから、セルビア政府は週末の外出時間短縮を決定。29日から施行される。

変更点
1. 土日の外出は午前5時から午後15時まで
2. 犬の夜の散歩時間(午後8~9時)の廃止
3. 市場は閉鎖

2020年3月24日
ベオグラード最大の展示場にベッド3,000台を設置


(写真: N1info)

セルビア政府は、感染が確認された場合 それまでに接触した人を含めて追跡検査をすること、軽度の感染者はベオグラードの展示場に設置された施設に隔離することを決定。本日軍により3,000台のベッドが運び込まれた。
ただ3,000人を収容した場合、トイレはどうするのか?という問題が残っている。

2020年3月22日
午後5時~午前5時の外出禁止


天候の良い週末。不要不急の外出は好ましくないが、ハイキング気分で外出する人達。(ベオグラード/TANJUG)

本日勧告が改訂、外出制限が更に厳しくなった。
変更内容:
1. 午後5時から午前5時まで外出禁止(65歳以上は終日禁止)

2. スーパーは午前7時から午後3時まで
3. 市場は木金土の午前8時から午後3時まで
4. 薬局は午前7時から午後3時まで
5. パン屋は午前7or8時から午後2or3時まで
6. 犬の散歩は上記の外出時間の他に、午後8時から午後9時まで。家から200 mの距離まで。(セルビアでは飼い犬の排泄を外でさせるので(違法です)特別措置として)
7. 65歳以上の人は日曜の午前4時から午前7時まで指定スーパーで買い物可


23日(日)午前4時、スーパー前で並ぶ65歳以上の買い物客。入口で警察から配られたマスクを着用して入店する。
この日セルビア全土で88,500人以上の高齢者が午前4~7時の間買い物をした。(MONDO)

2020年3月21日
中国からの医療機器が到着


EU非加盟のセルビアはEUからの援助が受けにくい。
21日には中国政府から呼吸器やマスクと共に専門スタッフも到着した。

交通機関の停止、カフェやレストランの閉鎖

21日の午後8時を最後に、バスやトラムなどの交通機関が停止になります。
カフェやレストラン、ショッピングセンターも午後8時で閉店します。(一時休店)

2020年3月19日
出入国の禁止

午後より空港が閉鎖、陸路も閉鎖になります。

2020年3月17日
外出禁止の勧告

3月18日より、午後8~午前5時まで外出禁止になります。
65歳以上の人は終日外出禁止です。(郊外の場合は70歳以上)
* 買い物等は自治体より派遣される代理人に依頼するか、午前4~7時の間のみ65歳以上の人が買い物出来るスーパー有り。

2020年3月15日
緊急事態宣言が発令されました

学校、幼稚園、大学、スポーツジムなど休校になります。
全ての外国人が入国禁止です。(移住者を除く)

2020年3月14日
セルビアの新型コロナウィルス感染者は1週間で46名に

3月14日に確認されたセルビア国内の新コロナウィルス感染者は46名。(病院隔離23名/自宅隔離23名)
3月6日に1人目の感染者が確認されてから1週間程度で46名になった。
日本で最初の感染者が確認されたのは1月16日、46名になったのは1ヶ月後の2月17日である。つまり日本と比べるとセルビアでの感染速度はかなり早い。
参照:https://www.asahi.com/special/corona/

本日 アレクサンダル・ヴチッチ セルビア大統領は『他国の状況と鑑みると、セルビア国内の状況は悪くなるだろう(感染者が増える見込み)』と発表、「入国の際に滞在・通過した国、地域を隠さず報告して欲しい」、「食料は1年分確保出来ているので買い溜めなどパニックにならないこと」など呼びかけた。

感染が確認されている都市 (3/14)

ベオグラード(最多)、ニシュ、ノビサド、クラグェバツ、パンチェボ、キキンダ、ズレニャニン、チャチャク
* 3/23:ピロト除く全て

確認されている感染ルート

① ミラノ帰り(ハンガリー通過)のセルビア人男性

② スイス在住のセルビア人女性(ニシュを訪ねた際に友人などに伝染)
https://www.blic.rs/vesti/drustvo/korona-virus-u-nisu/bwg63km

③  セルビアのモバイル会社勤務の中国人男性
Kinez ZARAŽEN korona virusom u Srbiji

④  オーストリア(ウィーン)から戻ったノビサド近郊のセルビア人男性
ベオグラードでセミナーに参加(長距離バスで移動)、ノビサドの病院までローカルバス利用
Frizer u Novom Sadu bolestan šišao i išao na seminar

セルビアへの入国禁止対象(外国人)→ 現在全ての国から入国禁止

中国(湖北省)、韓国(テグ広域市、慶尚北道)、スイス、イタリア、イラン、ルーマニア、スペイン、ドイツ、フランス、オーストリア、スロベニア、ギリシャから入国する者(トランジット含む)
(セルビア人の場合は自己検疫・自宅にて2週間)

セルビアを通過するトラックは入国から12時間以内に出国すること、その他 物資を運ぶ船や列車も滞在時間の制限を設けている。

参照:NOVE MERE VLADE SRBIJE Privremena zabrana ulaska državljanima još sedam zemalja

セルビアでの勧告 (3/14)

・ 中国(特に武漢市と湖北省)、韓国、シンガポール、日本、イラン、イタリア(特に北部)への渡航の自粛勧告(2月28日)
・ 100人以上の室内集会の禁止
(結婚式やイースターで集まらないように呼びかけ/スポーツの試合も無観客に)
・ 高齢者は用事がない限り出歩かないこと
・ トイレットペーパーや消毒薬の国内企業の輸出禁止

セルビア周辺の国境封鎖状況 (主要国境以外は封鎖の方向に)

・モンテネグロ – アルバニア(全体)封鎖(外国人入国禁止、物資以外)
・北マケドニア – 全て封鎖(外国人入国禁止、物資以外)
・コソボ(外国人入国禁止、物資以外)
・ブルガリア(緊急事態宣言発令・全方面国境封鎖)

最新・詳細情報

参考 在セルビア日本国大使館 参考 セルビア厚生省・公衆衛生研究機関感染者数表示(セルビア語・英語) 参考 外務省海外安全ホームページ