2019年夏版 "ベオグラード&ノビサド" ガイドブック 販売中です!

“アンダーグランドツアー” は名前とは裏腹に真面目な歴史探求ツアー

1893
アンダーグランド – と聞くと何やら怪しげだが、このツアーは案内人と共にベオグラードの地下に遺された遺跡など4箇所を周る歴史に触れるツアーである。
1856
始めに訪れたのは、ベオグラード市立図書館。
1857
図書館の地下にはローマ時代に築かれた水道管が遺されている。
ベオグラードは地下水が豊富で、今でも街の数箇所から水が湧いている。
1855
30年前に地下室を増設する際にこの場所が偶然発見された。
ガイドの人の後ろはその昔 約30mのタワーとゲートがあった場所。
タワーとゲートの外装(石)が白かったので、この街はベオグラド(Beo=白い+Grad=街)と呼ばれるようになったという。
1858
図書館を出てカレメグダン(ベオグラード要塞)へ向かう。
1859
展望台近くにある地下への入り口。

狭い階段を下りて
1861
細長い地下通路へ。
ここは第2次世界大戦中にドイツ軍の護衛所として造られた。

ツアー客の一人は「苦手だから」と言って地下へ入らなかった。
確かにこの場所は、地下で閉め切られていて蒸し暑く、こういうのが苦手な人は立ち入らない方が良いだろう。

年季のあるドアはドイツ製。
1862
要塞の模型の説明を聞く。

次は要塞を下り

オーストリア帝国時に造られた火薬庫へ向かう。
1873
ここにはローマ帝国時代の王族の棺や
1874
付近で発見された遺跡が展示されている。
1868
この場所はかなり広く、ディスコとして利用された時期もあったらしい。
1875
次の場所へ向かう。

移動途中、断層の説明を聞く。 この場所はその昔(かなり昔)パンノニア海があったところで、化石も発掘されているとのこと。
1876
最後に着いた洞窟ワインバー。
ここはトルコ帝国時代終焉後に、川辺(港)から街へ品物を運び入れるための倉庫などとして利用されていた。
1877
その後、カフェとして利用され人が集まるようになり、現在はワインバーになっている。
1878
1879
最後はワインを飲んでツアー終了。

ツアーの感想:
セルビア史はとにかく東ローマ帝国だのオスマン帝国だのオーストリア帝国だのと面倒なので、年代をおさえていないと分かり辛い。
あと赤ワインが薄かった。

ベオグラード・アンダーグランドツアー
※ 2013年の情報です。 必ずTourist Informationにご確認ください。
所要時間 : 2.5時間
開催日 (英語) : 火 10:00 , 木 17:30 , 土 12:00 , 日 14:00
料金 (英語)  : 1,400ディナール
予約要 :  011-263-5622 / Tourist Information Center