2017
11.10

セルビア人との結婚生活- セルビア人も I love youと言うのか?!


先日は結婚記念日だった。早いもので今年でもう10年になる。
セルビア人との結婚生活はどんなものかと言うと “別段特殊なことは無い” というのが感想だ。
セルビア人と日本人は良識や倫理観が概ね似ていて(実践出来てるかは別として)正しいことと悪いことの基準が同じなので、旦那に対して特に違和感や距離を感じたことは無い。
(以前インド人の会社で働いていた時は、良識が全く違ったので苦労した)
ただ日本人と比べると「あうん」の呼吸はかなり通じない。

旦那は日本人嫁のことをどう思っているのか聞いてみると、「本や映画の影響で、いまだに沢山の人が日本女性を “慎み深くて控え目” だと思っているけど -確かに日本人は謙虚で綺麗好きで、ここでも日本の生活スタイルを維持するために努力をしているけど、アンタ(私)に関して言えば、人の言うことに耳を貸さないし常に自分の方が正しいと思ってるし、日本人以外をバカだと思ってるし、何かと日本と比べるし-」と言い出したためここで喧嘩になり終了。

ところでセルビア人も始終 “アイ ラブ ユー”と言うか?

言う。(笑) 旦那はよく言う。 体調が悪いときは回数が少なくなるので、健康のバロメーターだと思っている。
私はずっと 「そういうのは敢えて言わなくても良いよ。」と言い続けてきたが、ある朝 起き抜けに言われたときに「あぁ 1日の始めが“あなたを全て受け入れますよ”的な言葉で始まるのも良いかな。」と思ってから気にならなくなった。
何語で言うかと言うと(恥)、英語だ。 セルビア語の“ヴォリンテ”は音的にピンとこない。