2017
01.11

ハーブティー・ブレンドのレシピ


セルビアでは病気になった時「ミントティーを飲め」だの「カモミールを飲め」だのと言う。
年末に風邪をひいた時、毒のような薬とハーブティーをガブガブ飲んだお陰で、現在私はカフェイン&アルコールフリーの健康体になり、ハーブティーがマイブームとなった。

ベオグラードにある“Dr. Josif Pancic”では、症状別にブレンドされたハーブティーやストレートハーブが売られているが、ここに勤めていた調合師の人に “いつでも飲めるブレンドティー” というものを教えてもらった。

揃えるのは、
1. ミント(リラックス効果)
2. カモミール(ストレス解消、膨満感)
3. リンデン(リラックス、解熱)
4. ブラックベリーの葉(喉の痛み緩和)
5. レモンバーム(リラックス、安眠など)
6. タイム(膨満感の緩和など)
7. ウィンターセイボリー(泌尿器、呼吸器官に良い-セルビアではルタニィ山で採取される) の7種。
1箱ずつ(50g)全種類買っても、1,300ディナール(1,300円)と非常に安い。

いかにも落ち着きそうな成分ばかりのハーブを等量ずつ混ぜるだけ。

かなり沢山出来た。

飲むときは、1ℓの沸騰したお湯+大匙1杯を入れて15分放置。

ホットでもアイスでも。
調合師の人は、夏は2ℓ作って飲むとのこと。

味は何かが強くて、やや薬っぽい。
好みでミントやカモミールを増やすと良いかも。

 

上記ハーブのセルビア語:
(Nana, Kamilica, Lipa, Kupina, Matičnjaka, Majkina dušica, Rtanjski caj)