2018
12.15

リリィ10才になる & 手術を受ける


名付け親となった(?)ドラッグストア “lilly” の前で。

(1才の頃)

10年なんて早いものだ。
この間うちにやって来たと思っていたら、あっという間に10才だ。
今年はリリィも大変な年だった。

定期健診で子宮蓄膿症が発覚。

翌週 ブリーダー推薦の病院で手術を受けた。
手術中、「普通そこは犬か猫のイラストだろう。」など喋りながら待つ。

術後、麻酔から覚めたばかりでブルブル震える犬と1時間で帰宅。
獣医が言うには「匂いなど慣れた家で目覚めた方が安心する」とのことで確かに一理あるが、こっちはどうしたら良いか分からない。

夜中、ハァハァ息苦しそうで可哀そうだった。
朝方ベストポジションを見付けてやっと寝れたようだ。

翌日は普通に歩いていた。
恐るべし、犬の回復能力。

3日後、もう通常通りに。
これからも楽しく暮らして欲しい。