スポーツ

アットホームな「ベオグラード競馬場」

656
ベオグラード郊外にあるベオグラード競馬場は、第一次世界大戦以前から100年近くこの地でレースを開催している。
セルビアでは競馬は大変人気があったが、その後低迷~近年になり再度人気を盛り返してきたという。
657
敷地内は広い公園のようで、
658
レストランやカフェが沢山ある。
659
美女からプログラムを100ディナール(110円)で購入する。
660
本日の出走馬や状態、予想などが記載されている。
ここで残念なことが一つ。 セルビアの競馬は今シーズンよりお金を賭けることが出来ない。
主催者と金融機関の調整が着かないらしい。
661
コースは全長約1500m。 楕円ではなく、ゆるやかな3角型の珍しいコースである。
662
本日は8レース、30分毎に出走する。
663
敷地内には簡単な公園や乗馬が出来る場所もあり、子供連れの来客に配慮している点は日本と同じである。
664
パドックを周回する競走馬。
665
この日のメインレース 「Taša杯」がスタート。
666
メインレースと言っても出走馬7頭の小ぢんまりしたレースなので、厩舎の人もコースの中に入って応援。
667
馬が通った後は、砂煙が舞い上がってしばらく周囲が見えなくなる。
669
優勝して興奮冷めやらぬベライミ号は、このレースの◎。
670
トロフィーを受け取る馬主と、喜ぶベライミ号。
671
その他、繋速(けいはや)と呼ばれる2輪の馬車を引く競走も行われた。
668
観客は約200人。 この日は地方で大きなレースがあるので、いつもより少ないのだそう。
672
17年間欠かすことなく観戦しているという熱心なファンの男性も居た。
673
毎レースの予想と結果を記録している。
674
セルビアでよく見られるピーナツ&カボチャの種売りの人から

カボチャの種を50ディナール分購入して
675
小魚のフライと軽い昼食を取った。

子供も沢山来ていた。 競走馬を見て、「すっごくキレイ!」と言っている女の子も居た。
大変アットホームな競馬場であった。

関連記事

  1. [W杯欧州予選] セルビア vs. ベルギー代表戦を観て来た
  2. セルビア民族舞踊クラブ “Krsmanović”
  3. パルチザン柔道クラブ in セルビア
  4. 相撲クラブ in セルビア
  5. ロイヤル剣道クラブ in セルビア
  6. 合気道クラブ Jovica Stanojević in セルビア…
  7. 忍術クラブ 武神館 in セルビア道場
  8. 極真会空手 セルビア道場

新着記事

PAGE TOP