新聞拾い読み

ジョニーデップ微妙・・あの似てない銅像が8位に!


アメリカのForeign Policyによる“世界のヘンテコ銅像ベスト10”が発表され、セルビアが8位にランクインした。
そのヘンテコ銅像とは、今年1月にセルビアを訪れたジョニーデップに贈られた物(満足気なクストリツァ監督(右)より贈呈)やロッキーの銅像だ。


(ロッキーは南セルビアの小さな村に居る)

本誌は、「内政の混乱、コソボやモンテネグロの独立といった面白くない出来事により、セルビア人は国外のヒーローへ癒しを求めるようになったのだろう。それがこの変な風習の始まりだ。」と綴っている。
セルビアの田舎には他にも、ターザンや、ブルースリー、トップレスモデルのサマンサ・フォックスなど縁もゆかりも無い銅像があるという。

関連記事

  1. 【セルビア版】 7月の気になるニュース
  2. 震災応援~セルビアより
  3. 寒波を楽しむ人 ・ 働く人
  4. 【セルビア版】 6月の気になるニュース
  5. タディッチ大統領の来日と大統領専用車のお値段
  6. U21欧州選手権でイングランド勝利後に、人種差別騒動~退場
  7. セルビアサッカー界/フーリガン・金・訴訟など黒い問題
  8. もはや恒例か! キモいジョコビッチの蝋人形にブーイング続出

新着記事

PAGE TOP