People & インタビュー

日本のポップカルチャー愛好団体 「Sakurabana」


Sakurabana(桜花)は、代表のボヤンさんを中心にセルビアで日本のアニメ・漫画・J-POPなどのポップカルチャーを広めている団体である。
今回は毎週土曜に行われる定期ミーティングに参加してみた。

今日は普段着で来たという副代表のイシドラさんとイェレナさん。
イシドラさんは「ベルセルク」を友人からもらって読んでいるうちに日本のポップカルチャーに夢中になったとのこと。
「欧米の描写とは違ったシリアスなストーリーが目新しくて楽しい。私達が普段感じていることをアニメでも表現されいるので共感出来る。」のだそうだ。
2人のお気に入りのアニメは銀河英雄伝説、巌窟王、少女革命ウテナ、サムライチャンプルー。

漫画ライブラリーには日本語や英語の漫画が集められ、会員に貸し出されている。
「ここは私達の聖域なの。」と2人は言う。

ミーティングでは6月末に行われる「Japanizam」(=ヤパニザム/漫画・アニメ・コスプレ・ゲーム・J-POPなどを集めた祭典・フランスのJapan Expoを目指している)についての議論が交わされていた。
*Japanizamは、6月28日~7月1日の4日間ベオグラード中心部で行われる。ゲームやコスプレ大会など開催予定。

スポンサーへの打診から会場のライティング、ケータリングなど細部に渡って討議されていた。
会員の中にはDJ、メディア関係、デザイナー、美術関係者なども居てそれぞれの分野で広報活動を行っている。

毎週日曜には、子供~大人までを集めた漫画講習が行われている。
子供達に負担になるので会費はごく僅かしか徴収しておらず、教材などの費用は会員が寄付をしている。
その他の活動には、大型スクリーンを使用したゲーム大会、J-POPダンスイベント、メイドカフェ&ホストノワール(クラブイベント)などがある。

2009年に行われたJapanizamよりコスプレイヤーの皆さん。殆どの衣装は自作である。
ベオグラード以外からの参加者も増えており、今年の大会もそれぞれの自慢のコスプレが期待出来そうだ。

Web: http://www.sakurabana.rs

関連記事

  1. 【松村先生のセルビア便り】 セルビア剣道世界に挑戦 
  2. セルビアの養蜂家を訪ねて~ノブコビッチさん
  3. セルビアの農業家 ジカさん
  4. 【日本に暮らすセルビア人】 芸術大学留学生 マリヤナさん
  5. セルビアは、”セクシャル・マイノリティー”後進国
  6. セルビア人の “日本愛溢れる写真” を撮ったカメラマンにインタビ…
  7. ベオグラード・モーターショー 2010
  8. 【サイト人気動画】セルビア人の“日本のイメージ”

新着記事

PAGE TOP