セルビア生活

ベオグラードを離れて~サマーハウスで過ごす週末


旧ユーゴスラビア時代、セルビア人はベオグラードから100kmほど離れた郊外にサマーハウスと呼ばれる別荘を持つことが主流であった。
週末はそこに滞在して、家庭菜園や釣りを楽しんだという。


1. サマーハウスはキッチンと寝室(2)といったコンパクトな造りが多い。
2. 周りは何もない。かなり離れた隣家では牛を散歩させていた。
3. この日は別荘オーナーの母親の誕生日を祝うため同級生などが集まった。

オーナーの姉妹。沢山の食事やケーキは2人で準備したそう。


その後もプールや卓球で遊んだり、旧友と酒を飲みながら昔話に花を咲かせたりと、夜更けまで宴会は続く。

しかし最近は若い人の田舎離れや経済的な問題のために、サマーハウスを手放す人が多いそうだ。

関連記事

  1. ニューベオグラードにある『日本通り』 (Japanska uli…
  2. 不発弾の爆破処理が終了(ベオグラード)
  3. 「セルビアで生活するには幾ら必要?」~光熱費編
  4. クリスマス~お正月の過ごし方【カトリック編】
  5. フリーダム過ぎる! セルビアのバス風景
  6. セルビアの クリスマス・お正月の過ごし方【正教徒編】
  7. 知っておきたい日本からの援助のこと 、とそれにまつわる“ちょっと…
  8. ベオグラード植物園 の『日本庭園』でお花見を

新着記事

PAGE TOP