People & インタビュー

セルビアの鉄道マニアに聞く「セルビア鉄道のお薦めルート」


現在ベオグラード大学の土木工学科(市民工学)在学中のムラデン・ジャルコビッチ氏は、毎月20回は列車で旅行をする鉄道マニアだ。

「線路の近くに住んでいたのですが、生後2ヶ月から鉄道に興味を示したと母親が言っていました。」と語るムラデンさん。
卒業後はセルビア鉄道局に就職が決まっており、現在 国際運転士になるためにドイツ語も習得中とのことだ。

国内外の鉄道に精通するムラデンさんのお薦め鉄道ルートは、【ベオグラード~バル(モンテネグロ)】。
山や川、小さな村の集落など四季を通して景色が素晴らしいとのこと。
「セルビアにも新幹線のような高速鉄道が必要ですが、ベオグラード-バル路線は変わらず時間を掛けた(13時間)鉄道が良いですね。」と語る。

スペシャリストのバッグの中:鉄道マニア/ムラデンさん


ムラデンさんのバッグの中を拝見。
いつもはカメラや携帯、鉄道に関する本と 分厚い時刻表を携帯しているとのこと。

バッグはこだわりの 【SBB CFF FFS(スイス連邦鉄道)】ブランド。

5年間使い込んだキャノンのカメラは必需品。

写真: Facebook/Mladen Žarković (Čovek sa Barske pruge )

セルビアは長距離バスで移動することが通常だが、たまにはゆっくりと鉄道旅行も良いものだ。

ムラデンさんのFacebook: https://www.facebook.com/IC431

関連記事

  1. 【松村先生のセルビア便り】 セルビア剣道世界に挑戦 
  2. ベオグラード・モーターショー 2010
  3. 【お隣の国事情】モンテネグロのサッカークラブ・RUDARで活躍す…
  4. セルビアの養蜂家を訪ねて~ノブコビッチさん
  5. セルビア人英語講師「日本人は案外英語が喋れないので驚いた!」
  6. セルビア人の “日本愛溢れる写真” を撮ったカメラマンにインタビ…
  7. セルビアの農業家 ジカさん
  8. ハンガー(飢餓)ストライキ中のイェレナさん

新着記事

PAGE TOP