ゼムンにあるレストラン “Mićina Domaća Kuhinja” (=ミチャのセルビア料理)は、チトー元大統領の専属料理人として勤めたミロヴァン氏がオープンしたレストラン。

御歳80歳を越えるミロヴァン氏。

現在はミロヴァン氏に代わり、三男のミランさんが調理を担当している。

店内は高級レストランというよりも、地元の人が集まるローカルな雰囲気のレストランといった感じだ。

メインメニューは、ミロヴァン氏考案のセルビア名物となった “カラジョルジェヴァ”や、 “チトーのディッシュ”など、850ディナール均一。(850円)

カイマク(バターのような乳脂肪)を豚肉で巻いて、揚げたカラジョルジェヴァは、フライドポテトとタルタルソースで。

中からはカイマクが溶け出る高カロリーメニュー。

ニェグシュキ・ステーキ。

中にはドライミートやチーズが入っていて、これまたボリューム満点のメニュー。

ミランさんおススメのメダリョニ(=メダルの意味)は、ソースがポイントとのこと。

まさかパスタで来るとは思わなかった “チトーのディッシュ”は、トマトソースにセロリが効いている。

お店特製のガーデンサラダは、チーズやドライミートなど強めの味付けになっている。

「チトー元大統領は医師から食事を制限するように言われていたんです。ですが、いつも父には“こってりした料理”をリクエストしていたそうです。」と話すミラン氏。
レストランもチトー元大統領の意思を継いだかのような、食べ応えのあるボリュームの多いメニューとなっている。


Mićina Domaća Kuhinja

住所 :Prvomajska 108C 11080 Zemun, Beograd
Web : http://nova.micinadomacakujna.com

Mićina Domaća Kuhinja