セルビア生活

大寒波でドナウ川凍結


今月初旬からヨーロッパを襲った大寒波。
先週のベオグラードの最低気温は-16度と寒かった。

セルビアを流れるドナウ川は、ベオグラードからゴルバツまでの約140kmが凍結しており、ここまで凍るのは60年振りだと年長者は話す。

その氷も1週間前から動き出し、氷に押されて川沿いのヨットハーバーや船上レストラン、漁船などが下流へ動かされてしまった。

氷の厚さは8cmくらいから20cmほど。

結構軽い。

ドナウ川沿いは、レストランやカフェなどが並ぶ散歩コースでもある。
晴れた週末には、押し出された船上レストランをワイヤーで止める人や、

船を引き上げる人達、

記念撮影をする人、

白鳥に餌をやる人、

焼き栗を売る人などでいつも通り賑わった。

関連記事

  1. 不発弾の爆破処理が終了(ベオグラード)
  2. 統計いろいろ vol.5 犯罪に関する統計
  3. 「セルビアで生活するには幾ら必要?」~光熱費編
  4. ニューベオグラードにある『日本通り』 (Japanska uli…
  5. 統計いろいろ vol.4 政治・政党及び大統領の給料など
  6. クリスマス~お正月の過ごし方【オーソドックス編】
  7. 来客は”Slatko” でおもてなし …
  8. 統計いろいろ vol.3 医療などに関する統計

新着記事

PAGE TOP