セルビアと日本

ニューベオグラードにある『日本通り』 (Japanska ulica) を歩いてみた

2710
ニューベオグラードには、“日本通り”という通りがある。
この通りは “スペイン通り”、“パン屋通り”、“靴職人通り”、“煙突掃除人通り”、“サバ川の漁師通り”等の名称と一緒に2011年に登録された。
それまでは番号や古い名称で記していた所が多い。
2709
“日本通り”の向かいは “ヨーロッパ通り”である。
この2本はバスが通るメインの通りで、セルビアに於ける日本の位置付けが分かる。
2716
日本通りを走る日本から援助されたバス。 100万キロを越えてもまだ健在
blank_line

ベオグラード市役所によると、「(名前の由来は)日本からの支援・友好関係・日本に対する国民感情により決定した」とのこと。
2717
しかしながら通り名を記した標識は見当たらず、店の入り口に“Japanska(通り)”と書かれているものを見付けたのみとなった。
2714
歩いている人も、日本通りという認識は低いようだ。
2712
通りには高層マンションが立ち並ぶ。 が、何か変だと思ったら、
2711
非常時はベランダから出ている階段を使って降りるシステムらしい。
急な上に柵が無く、かなり危険そうだ。
2715
公園を越えると、ヨーロッパ通りへ。
2718
ヨーロッパ通りはブルータリズムと呼ばれる建築形式の建物が並び、また面白い。
(こちらも標識無し)

日本通り japanska ulica

関連記事

  1. ハローキティでイースターを祝いたい
  2. 手彫りのネームプレート “Graver” (彫刻師)
  3. ベオグラードを離れて~サマーハウスで過ごす週末
  4. セルビアの野犬事情 ~ ベオグラードでは殺処分はありません
  5. 知っておきたい日本からの援助のこと
  6. 【サイト人気動画】セルビア人の“日本のイメージ”
  7. 春は中心地から徒歩10分の “ベオグラード植物園” でお花見を
  8. クリスマス~お正月の過ごし方【カトリック編】

新着記事

PAGE TOP