セルビアの食材、市場やビールなど

BLOCK 70(ブロック・セダムデセット) と言えば中華街

2428
ベオグラードでは「BLOCK 70と言えば中国街」 – 「中国マーケットと言えばBLOCK 70」というのは常識中の常識である。
因みにBLOCK 70はニューベオグラードにある。
2431
約15年前にオープンした2階建てのビル内には沢山の中国人の店舗が並び、その後 増設された新しいビルと併せてここで働く中国人は800人以上と言われている。
2427
出稼ぎに来てここで出会い、そして結婚し、子育てをする中国人も多い。
セルビア人と交流することは殆ど無いという。
2429
入り口の両側にある看板らしき物は、
2430
空き店舗などの掲示板と化している。
所々に中国語が見えるのがBLOCK 70の特徴だ。

入り口を抜けると、
2413
白菜や大根など野菜を売る露天が並んでいる。
2416
醤油も数種類。
2414
キュウリやピーマンなど、市場では見られない野菜もここで揃う。
これらの野菜はベオグラード空港近くの畑で中国人により作られている。
2415
中華料理に使われる野菜だろうか、日本でも見ない野菜もあったりする。
2417
ビル内は女性服や、
2418
おもちゃ、
2419
アクセサリーなど、とにかく沢山の商品が置かれている。
2421
2階には簡易食堂や、中国人による美容院まで整備されている。
2422
とにかく商品が多い。
2425
マネキンや、店舗ディスプレイ用棚などもここで揃う。
2424
「ここで働く中国人は、土日や祝日は無い。一日中ここで過ごし、正月だけ休む。」と同行した中国人女性 Yさんは話す。
Yさんはベオグラードで中国語講師をしていて、ベオグラードのレストランで知り合った中国人男性(BLOCK 70内の店主)と結婚、授業のない日はここで夫の店を手伝っている。
2408
そんなYさんが、いつも行く店に連れて行ってもらった。 (ビル2階・かなり端の方)2404
ご飯に 惣菜3~4種を選んで乗せてもらう中国式の弁当。
2407
300ディナール。(320円)
2409
日替わりの惣菜が多いが、この日は鶏の足も。
2410
Yさんはメニューに書かれていないラーメンを注文。
2412
これは“牛肉面”と言い、ちょっと固めの麺に入り卵が乗っていて、200ディナール。(210円)
後日 筆者も「牛肉面」と紙に書いて注文してみた。
Yさんに教わった通り「ミュウ リュウ ミェン」と言ってみたが、案の定 通じなかったので紙に書いておいて正解だ。
10分くらい待つが確かに注文可能だ。
2406
レジ横の香辛料を掛けて食べると美味しい。
2405
各テーブルには紙ナプキンがパックごと置かれている。 中国では一般的なのだろうか。
2426
その後、食材店に寄った。
ウーロン茶や大豆、ピータン、干し椎茸や香辛料など沢山売られていた。
2432
【購入したもの】
梅を干したもの(150din=160円)
漢方ジュース (150din=160円)
風味豆豉   (350din=370円)
お菓子    (値段不明)

王老吉(ジュース)は中国本土ではコカコーラよりも売れているらしく、店内でも存在感があったが味は甘くて薄い漢方薬茶だった。
風味豆豉は黒豆を醗酵させたもの(豆豉)と唐辛子と油を混ぜたものだが、これが白米にも炒め物にも何でも合う万能食品で、一週間で食べ切ってしまった。
2433
豆腐は2丁分くらいの大きさで、150din。(160円)
ビル内で常時作っているらしく、新鮮な物が手に入る。
2435
ゴーヤもあったが、300din(320円)と少し高め。
2434
長いもと、さやいんげんを頑丈にしたような豆も売っていた。
野菜は若干高いが、ここで長いもが食べれたことに非常に感動した!
夏は枝豆も売っている。

Block 70 – New Beograd

関連記事

  1. ベオグラード農業大学ワイン直営店
  2. セルビアのビール 2011
  3. Pijaca(ピアツァ・市場)へ行ってみよう
  4. ユニークなパスタやアイバル、食品系お土産の宝庫 “Vojvođa…
  5. 来客は”Slatko” でおもてなし …
  6. セルビアのビール 2010
  7. セルビアのミネラルウォーター
  8. セルビア家庭の味 Ajvar(アイバル)

新着記事

PAGE TOP