2313
ベオグラード・サバ大聖堂近くのレストラン “Mala Fabrika Ukusa(マラ ファブリカ ウクサ)”。
2311
セルビア料理を独自にアレンジしたものや、鹿肉のカルパッチョやカモを25時間煮込んだものなど、手の込んだメニューが揃っている。
デザートは自家製アップルパイやアイスクリームなどが人気だが、見た目にインパクトがある?“Sweet Alchemy”(甘い錬金術/ 魔力)がお薦めとのことで、注文してみた。
2318
待つこと10分。
チョコとバニラのムース+アーモンドスティックの入った皿が運ばれてくる。
2319
その皿に液体窒素とヘーゼルナッツのスープを注ぐと、ドライアイスに水を注いだ時と同じく白い煙がモクモクと湧いてくる。

2320
煙は20秒ほどで消える。
店員さんの言うには、このデザートは – チョコレートのポタージュ – というイメージで考案されたらしい。
2321
なので、ムースを混ぜながら食べるのが一般的だそうだ。
非常にコッテリとしたチョコとアーモンドスティックは美味。 やや重いので食後のオーダーを推奨。
2322
“Slatka Alhemija”(Sweet Alchemy)  420ディナール (440円)
2317
昼食時(14~16時)と夕方(20時以降)は混雑するとのこと。
2308

MALA FABRIKA UKUSA

住   所 : 49a Nebojšina, Beograd
営 業 時 間 : 10:00~0:00

Mala fabrika ukusa<br />
49a Nebojšina Beograd