“ロバ乳で作ったチーズ”とは?
普通は「クリーミーなチーズ」を想像するだろう・・世界一高価なチーズ、その味と食感とは?!

ロバ乳チーズは、1個 7,000円!
なぜこんなに高いのか –  それは下記の3つの理由だからとのこと。

  1.  ロバ乳は妊娠中~出産後の10ヶ月間しか採れないこと
  2.  1頭から搾乳出来る量は1日にたったの0.2リットル
  3.  1kgのチーズを作るために、25リットルものロバ乳が必要なためこの牧場では年間50kgしか作れない

 

このチーズの購入者はずばり富裕層!
アラブ人やイギリス人、シンガポール人などが購入しるという。
因みに、ロバ乳チーズはラスベガスのカジノのレストランにも卸しているとのこと。


「そんな貴重なチーズなら、ワインだろう」ということで、セルビア産のタムヤニカ(白)と共に食べてみる。

半分に切ると・・というか硬くて簡単に切れない。 何とか切るとボロボロと崩れてしまう。
そしてお味は・・、とにかく塩気が強い
食感はドライでボソボソ、香りはチーズ特有の?臭い。。 強いて言えば、かろうじて少しクリーミーな感触があった気もするが。。
同行のT氏が「ビールの方が合いそう。」と漏らす。 そう、このチーズは塩辛さとボソボソ感と腐臭とでワインとは全く合わない代物なのである。
チーズは少量だが、塩辛くてとても全部食べ切れず、各自持ち帰った。

ロバ乳は脂肪分が非常に少ないため、チーズを作るには高度な技術を要するという。
この牧場では専門のチーズ工場へ依頼、試行錯誤の末、ロバ乳(60%)に山羊乳(40%)を配合することで製品化に成功したという。
(混合しているのなら、あのボソボソ感をどうにかしてくれ・・)

その他、先ほど玄関口で見たマングリツァ(猪)のグラシュ(700din)を完食。
流石に美味しかった。

ロバ乳シリーズは、左からチーズ(箱入り 9,200円)、ロバ乳の蒸留酒(1,350円)、ロバ乳(5,600円)、ロバ乳クリーム(3,000円)、石鹸(700円)の品揃えで、セルビア人にはクリームが人気らしい。

「ホラ、ここを開くとチーズが嵌め込んでるんですよ。」と力説するオーナーのシミッチ氏。
この箱代だけで、2,200円増となる!

という訳で、予想とは180度違うロバ乳チーズであったが、自然に囲まれた施設で一日のんびり過ごすには良い場所だった。

line

Zasavica (ザサヴィツァ)
HP:  http://www.zasavica.org.rs/en
line

ベオグラードで11月末に行われる民族フェアーにも毎年出展されています。
■ 民族フェアー : 2014年 11月26日~29日
■ 関連記事   : 「セルビア民族フェアー 2011」

line

— 後日談 —

持ち帰ったチーズ(約1/4)は、小さく刻んで、

原価50円くらいの野菜と和えて、1,750円の高級サラダになった。
これで良かったんだろう。