新聞拾い読み

【セルビア版】 7月の気になるニュース

1. 女性受刑者輸送中に事故


セルビア北部を移動中の護送車が、’原因不明’の事故により反対車線に進入、正面から来たトラックと衝突する事故が起こった。
この事故により護送車の運転手と女性受刑者は即死、同行していた警官は片足切断などの重軽傷を負った。
事故の原因追求は進められているが、現在のところ正式な発表は無い。

2. Googleストリートビューで逮捕激が激写される


昨年10月からグーグル ストリートビューの撮影がセルビアでも進められているが、ベオグラード北部のノビサド版にはなんと強盗とそれを追う警官が写っていることが分かった。

宝石店強盗をした犯人。 (地図リンク)

防犯ベルにより駆けつけた警官。 (地図リンク)

犯人はすぐに逮捕されたとのこと。 (地図リンク)

※ 関連 Googleストリートビュー・ベオグラード(恐らくβ版)がバグだらけで面白い

3. テニスのジョコビッチ選手ようやく結婚


ウィンブルドン選手権で優勝を飾ったテニスプレーヤーのジョコビッチ選手が、恋人 イェレナ・リスティッチさんと7年交際の後に結婚した。
挙式はジョコビッチ一家の出身地モンテネグロの海岸で行われ、招待客は人目を避けたビーチ沿いのホテルに宿泊、挙式を祝った。
その後、小さな教会で近親者のみの挙式が行われた。 イェレナさんは現在妊娠中。

4. セルビア人事件簿 in ドイツ


高校卒業パーティーを楽しみにしていたという、ドイツに住む若い男女。
男性はセルビア人、女性はクロアチア人、行く行くは結婚するつもりで両親も了承していたそうだが、彼女の弟だけは2人の仲に反対だった。
セルビア人を非常に憎んでいたと思われる彼女の弟と男性は、これまでも何度も口論をしていたが、7月のある日 男性が卒業パーティーのため彼女を迎えに行った際に、再度口論となり弟が持ち出したナイフで刺されて即死した。
後の調査で、彼女の弟はアルバニア系住民と交流が深く、この辺りの愛国思想に感化されたのではという見方が強い。
ヒラダさん(写真右)は、ボスニア国境近くの南セルビア出身で、夫と長女とドイツに移り住んでいたが、後に離婚 その後もドイツで美容師として生活していた。
離婚後 知り合った男と同居していたが、この男は’敬虔な’イスラム教徒だったため、化粧やドレスで着飾るヒラダさんの仕事に不満を持ち、2人は頻繁に口論(警察を呼ぶほど)を繰り返していた。
ある日、ヒラダさんを見掛けなくなったと心配した隣人が警察を呼ぶと、アパートには頭部を破損、首を切られたヒラダさんの遺体があった。
後にこの男がヒラダさんを殺害したと自供している。

 

telegraf, Blic, Sports

関連記事

  1. 【セルビア版】 4月の気になるニュース
  2. プーチン登場にも、いつも通りに歓迎するレッドスターファン達
  3. 前代未聞!! サッカー試合中に国旗がスタジアムに乱入! その方法…
  4. 地図上に龍が出現?! セルビア南部に伝わる伝説とは?
  5. (超) 厳戒態勢のお陰でW杯 対クロアチア予選は、少しの炎上だけ…
  6. もはや恒例か! キモいジョコビッチの蝋人形にブーイング続出
  7. 【セルビア版】 6月の気になるニュース
  8. セルビア リーグカップ(パルチザンvs. レッドスター)と、ピク…

新着記事

PAGE TOP