新聞拾い読み

ピクシーショック! 実家に手榴弾を投げ入れた犯人は誰?!

1099
今月23日午後9時ごろ、セルビア南部のニシュ郊外にあるストイコビッチの実家に手榴弾が投げ込まれた。
自宅に居たのはストイコビッチの母親だけで怪我人等は居ないが、爆発音を聞いた隣人が外に出ると、若い男が車で逃げるところだったという。
1100
翌朝になり母親が庭に爆発の跡と手榴弾を発見して爆発物による犯行と判明した。
近隣の人達は平和な田舎町でこのような事件が起ったことにショックを受けている。
1101
(フランスに居る奥さんも心配)
警察は防犯カメラを避けて手榴弾が投げ込まれているという手口などから、組織的な犯行と見て捜査をしている。
1102
現在重要視されているのは、レッドスターの過激なファン・ベオグラードボーイズである。
昨年末ストイコビッチがレッドスタークラブで会談をしていた時に、ベオグラードボーイズの一員らに嫌がらせを受け警察を呼ぶ騒ぎが起っている。これによりストイコビッチは被害届を提出。逆恨みの犯行の可能性も否めない。
また過激なファンを利用して嫌がらせを行う黒幕の存在を指摘する声もある。


犯行に使用された手榴弾は現在は流通していない旧式のものと判明している。
これらの武器は地価組織を通じて購入することが可能である。
手榴弾だと50~100ユーロ、国内やボスニアで使用されているものが比較的簡単に手に入るとのこと。

関連記事

  1. 【セルビア版】 6月の気になるニュース
  2. セルビア急進党集会にてまたもやフーリガン達が暴動
  3. 【セルビア版】 5月の気になるニュース
  4. 寒波を楽しむ人 ・ 働く人
  5. 【セルビア版】 4月の気になるニュース
  6. ユーロビジョン・ソング・コンテスト 2011 セルビア代表は薬科…
  7. 【セルビア版】 7月の気になるニュース
  8. セルビアサッカー界/フーリガン・金・訴訟など黒い問題

新着記事

PAGE TOP