ベオグラード観光

割と普通の建物だった “セルビア王宮” ツアー


ベオグラードの一等地・デディニェ丘に存在するセルビア王宮。
長い間一般公開されていなかったが、2005年より王宮内を観光するツアーが始まり、週末には国内・海外の観光客で予約が一杯になる。
*王宮見学はツアー参加が必須です。

1. 集合場所は、オープンバスツアーの集合場所から50mほど離れた展示場の道向かい。
2. 小さな店舗(赤いルーフ)が目印。
3. The Royal Compound と書かれたバスに乗車。
4. 道中はセルビアの名所や歴史についての説明を聞く。(ツアーは殆どセルビア語)

王宮敷地に入る。 134ヘクタールもある広大な庭を抜け(1,2)、王宮(3)に到着。
邸内では図書室、サロン、ダイニングなどを見学し、中庭に出たところで一休み。
*邸内は、撮影禁止&携帯の電源もoffにしないといけない。

休憩後は地下に行く。ここではロシアの建築家によりデザインされたサロン、壁面に千一夜が表現されたアラビア調のサロン、ビリヤードやチェスが出来るプレイルーム(旧ワイン貯蔵庫)、バルカン初のシアター(チトーはここでジョン・ウェインの映画を良く観たという)を見学して付属するロイヤルチャペルへ出る。

チャペル内も撮影は禁止。 壁面及び天井にはオーソドックススタイルの絵画が描かれている。

チャペルを出て少し移動すると、ホワイトパレスに到着。
吹き抜けの明るい室内には、国内・海外から集められた絵画・彫刻が展示されている。
続いてダイニング、ゴールデンサロン(ミロシェビッチが接待によく利用)、図書室など見学したところで終了。
バスで集合場所まで戻って解散。

室内は撮影禁止だが、専属カメラマンが同行し、任意の場所で撮影をしてくれる。
写真は帰りのバス内で受取る。(1枚100ディナール・2010年現在)
王族が滞在されている場合は、見学人と接見されることもあるという。
現在セルビアに王は存在せず、アレクサンダー皇太子2世(写真右)が、実質の任務を担っている。
セルビア ロイヤルファミリー ウェブサイト

セルビア王宮ツアー
期間: 4月~10月 土・日 (11:00~・14:00~の2便)
料金: 450ディナール (事前に要予約・身分証明(パスポート)提示要)
時間: 約1時間45分
服装: タンクトップやショートパンツは不可
予約: ベオグラード観光協会にて事前にチケット購入(パスポート提示要)
※ この情報は2010年時のものです。 期間・料金・時間等は変更されることがあります。最新情報は観光協会にてご確認ください。

関連記事

  1. セルビア土産が集まる “ナイトマーケット”は年末開催予定です
  2. ヌーディスト★マッチョライフガードも居る “Ada(アダ)” で…
  3. バスでササっとベオグラード一周 “オープンバスツアー”は飲み水…
  4. “アンダーグランドツアー” は名前とは裏腹に真面目な歴史探求ツア…
  5. ユーゴスラビア時代を懐かしむ “ユーゴスラビア博物館とチトーのお…
  6. “電気の貴公子” テスラの功績を探る【ニコラ テスラ博物館】
  7. 冬の夜のベオグラード散歩は正直寒い! 防寒と暴漢に気を付けて!
  8. ステルス攻撃機F-117を触れれる距離で観察 “ベオグラード航空…

新着記事

PAGE TOP